>>2016年の最新の平均給与額についてのデータはコチラへ!

年齢別の平均給与額はどれくらい?

年齢、性別、業種によって賃金の金額やピークは異なる。よくチェックして就職先選びや生活設計に役立てて

年齢、性別、業種によって賃金の金額やピークは異なる。よくチェックして就職先選びや生活設計に役立てて

会社員にとって、給与の額は気になるところ。今の給与はもちろん、将来の金額も知っておきたいですね。

ということで、年齢別の平均給与をご紹介しましょう。厚生労働省「平成25年賃金構造基本統計調査(全国)」より、性別や学歴、産業別にみた年齢ごとの平均給与を見ていきます。

 

平均給与、ピークの年齢は50~54歳

年齢・男女別の平均賃金。男女で賃金の増え方が違う(単位:千円)

年齢・男女別の平均賃金。男女で賃金の増え方が違う(単位:千円)

上の表は、年齢・男女別の平均賃金(月額、以下同)を抜き出したものです。この金額は、平成25年6月分の所定内給与で、きまって支給される給与から時間外手当などを差し引いたものになります。

全体の賃金の平均は29万5700円。年齢別に見てみると、50~54歳の36万8000円が一番のピーク。20~24歳の19万5800円から右肩上がりで50~54歳まで上がっているのがわかります。

55~59歳になると35万1300円と下がり、60歳を過ぎるとさらに26万円台にがくんと下がっているのがわかります。60歳前は定年前、60歳以降は一度定年を迎えて再雇用というタイミング。給料は下がる一方ですね。

女性の平均給与、年齢差はほとんどなし

女性だけに目を向けると、少し違った結果になります。女性の賃金が一番高い年齢は45~49歳の25万6900円。といっても、25~29歳で21万5200円でしたし、55~59歳でも24万5200円です。

20代後半から60代まで、女性の平均賃金はずっと20万円から25万円の間となっています。これは男性ほど、年齢によって賃金が変わらないということ。女性はパートなどで時間給として働く人が多いため、このような結果になったのでしょう。

高学歴ほど平均給与の年齢差が拡大

学歴・年齢別の平均賃金。学歴が高いほど賃金は高く、上昇額も高くなっている。「平成25年賃金構造基本統計調査(全国)」(厚生労働省調べ)(単位:千円)

学歴・年齢別の平均賃金。学歴が高いほど賃金は高く、上昇額も高くなっている(単位:千円)

上の表は、学歴・年齢別に平均賃金を出したものです。大学・大学院卒の平均賃金は36万9600円、高専・短大卒は26万7700円、高校卒は25万8200円。高学歴ほど平均賃金が高くなっていますね。

大学・大学院卒の年齢別賃金を見てみると、50~54歳が一番高額で51万2100円。20~24歳では21万2500円でした。なんと、約30万円のアップとなっています。

高専・短大卒を見てみると、55~59歳が一番高額で31万7300円となっています。同じ年齢の大学・大学院卒とは、なんと17万7600円の差。1カ月に約17万円とは、かなり大きな差ですね。20~24歳では19万2900円でした。55~59歳の31万7300円まで賃金はあがっているのですが、 アップ幅は約12万円にとどまります。

賃金ピークまでの賃金アップ額は、大学・大学院卒は約30万円でしたが、高専・短大卒は約12万円。同じく高校卒は約12万円ですから、大学・大学院卒の年齢別賃金差が大きいことがわかります。つまり、大学・大学院卒の賃金アップ幅が大きいということですね。

学歴、年齢別のお給料についてみてきました。では、業種別ではどのようになっているでしょうか? 業種別、年齢別の平均賃金については、次のページでご紹介します。