新居に必要な家具や家電、いくらかかる?

結婚にかかるお金といえば結婚式などを思い浮かべる人が多いが、一番大切なのは新生活に向けてのお金。生活を始めるのにどれだけのお金が必要かを調べておこう

結婚にかかるお金といえば結婚式などを思い浮かべる人が多いが、一番大切なのは新生活に向けてのお金。生活を始めるのにどれだけのお金が必要かを調べておこう

結婚を考えた時に気になることのひとつが、お金のことではないでしょうか? 中でも結婚式や新婚旅行は1回だけだから……と大きな金額が動くこともあります。

もちろんこれらのお金も大切ですが、忘れてはいけないのが「新生活」にかかるお金。新居や家具、家電製品などのお金です。今回は、家具や家電製品についてどれくらいのお金が必要になるかをご紹介しましょう。

データ出典:新生活準備調査2015(リクルートブライダル総研 調べ)

新生活にかかった費用 平均76万5000円

結婚後の新生活準備のためにかかった費用(単位:万円)undefined *1:各項目の平均金額は、各費用が発生した人ベースの平均金額。各項目の平均金額の合計は、「新生活準備のためにかかった費用総額」とは一致しない(新生活準備調査2015(リクルートブライダル総研調べ)より)

結婚後の新生活準備のためにかかった費用(単位:万円)  *1:各項目の平均金額は、各費用が発生した人ベースの平均金額。各項目の平均金額の合計は、「新生活準備のためにかかった費用総額」とは一致しない(新生活準備調査2015(リクルートブライダル総研調べ)より)

上の表は、新婚カップルの新生活準備のためにかかった費用の平均データです。全国平均の費用総額は76万5000円。インテリア・家具にかかった費用は43万2000円、家電製品は36万7000円となっています。

この新生活準備のためにかかった費用ですが、金額が減っている傾向にあります。2009年の調査では96万7000円だったのが2011年には80万 8000円となり、2013年には68万6000円まで下がりました。そして、2014年は78万1000円と少し上昇したものの、2015年は76万5000円と少し減っています。

手取り収入がなかなか増えないのと先行きの不安感からか、堅実な新生活準備となっているようです。

首都圏と東海の差は35万円も

地域別の平均もみておきましょう。新生活にかかった費用の総額は、全国平均で76万5000円。首都圏では60万6000円、東海では95万9000円、関西で91万5000円です。首都圏は安く、東海と関西が高くなっており、首都圏と東海では35万円も差が出ています。

次に、ほとんどのカップルが購入しているインテリア・家具や家電製品をみてみましょう。次のページではまず、インテリア・家具について詳しく分析します。