どれくらい必要?


■まずは老後資金
介護が必要になった時、通常の介護費用は老後の生活費とほぼ同じと考えれば、まずは老後資金を貯めるのが先決です。年金は、働けなくなった老後の大切な収入となりますので、受給資格についてきちんと確認をしておきましょう。

毎月貯めておきたい額はこちら!
老後の資金、いくら貯めておけば安心?

■通常の介護費用の他にかかる費用
・在宅介護
通常の介護費用の他に、大きな出費となるのが在宅介護ならリフォーム代です。介護保険制度で20万円までは1割負担ですが、20万円で出来る工事は限られます。トイレ、お風呂の工事やエレベーターの設置はそれぞれ50万円~200万円以上費用がかかります。

・有料老人ホーム
施設に入所を希望していても、待機者が多くて1~2年待ちということも。介護付き有料老人ホームは、一時金が100万円以下のところもありますが、1000万円~2000万円程度必要になります。

・親の介護
親と離れて住む場合は「遠距離介護」のための交通費がかかります。航空会社各社は、航空運賃が割引になる介護帰省割引を設けていますが、その他の交通期間で介護による帰省のための割引はないので、交通費が大きな負担になります。

元気なうちに、介護状態になったら年金や預貯金、その他の資産を、介護費用に充てられるよう、話をしておきたいですね。兄弟がいる場合は、親の財産を勝手に処分すると、相続の時にトラブルとなるので十分話し合いが必要です。親の住む自治体のサービスについても調べておきましょう。

老後を考えることは、どう生きたいかを考えることです。先のことは誰にも分かりませんが、自分の老後資金をしっかり貯めつつ、プラス老後の予備費、兼介護費用として500万円~1000万円程度貯めておく、もしくは民間の保険で準備できれば、介護の方法も選択の余地がありそうです。

<関連リンク>
All About介護
介護保険の基礎知識・利用法

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。