■E子さんはこうして100万円貯めた!
・1万円毎月積立
・ATM手数料が無料になる優遇口座申し込み
・インターネットで「ある時」貯金
・タクシーとマッサージの利用を減らす

■優遇口座で積み立てる
まずは、仕事の報酬が入る銀行で積立定期預金を1万円で始めました。本当は3万円くらい貯めたかったのですが、収入が少ない月もちゃんと貯まるように1万円で無理無くスタート。E子さんが利用していた三井住友銀行では、Web通帳の契約があれば残高にかかわらず提携コンビにやATMの時間外手数料が無料になります。早速サービスが受けられるように、優遇口座 One’s plus に切り替えました。既に口座を持っていたので、切り替えもネットで簡単に出来ました。

コンビニでお金を下ろしても手数料がかかりませんし、銀行に行かなくてもインターネットで残高を見ながら、ある時に定期預金にお金を入れられるので一石二鳥です。お金を貯め始めると、「貯まらない」と思い込んでいたのが間違いだった事に気づきます。積立口座には毎月お金が貯まっていき、月末に余裕があるときは、少しでも積立口座にお金を移しました。

■成功の秘訣は意識改革
残高が増えてくると面白くなって、タクシーをちょこちょこ利用していたのをやめ、習慣でマッサージに行っていたのも減らすと、さらに2万円位貯められました。1年後。

・最初の貯金・・・30万円
・積立定期預金・・1万円×12ヶ月
・月末の貯金・・・1?3万円×12ヶ月
・ある時貯金・・・5?18万円×4回
合計・・・・・・・102万円

自動的に貯めた1万円と、月末とまとまった報酬が入った時に必ず貯金することで、今まで突破出来なかった残高30万円の壁を見事突破し、100万円の大台にのりました!

次のページは、面倒な事は大嫌い!K子さんの場合です。