収入不安定、6700円の月も!

収入不安定
ある時に積極的に貯めれば、お金はちゃんと増えて行きます。
フリーライターのE子さんは、月によっても収入が大きく変わるので、平均が出せません。大きな仕事をした時はまとまったお金も入りますが、収入が6700円という月がありました。

■収入が安定しない人へのアドバイス
・健康に気をつける
・最低額の積立
・「ある時」貯金

■安心して働くために
フリーで仕事をする人は、体が資本。ちょっとした風邪でも長引けば、出費もかさみます。万一入院をして仕事を休んでも、会社員のように傷病手当があるわけではないので、1日目から入院給付金が出る、医療保険に入っておくと安心して仕事ができます。まずは、病院のお世話にならないようにする事が大切です。

■まず最低額で積立を始める
収入が不安定でも、毎月少しずつ銀行の積立定期預金を利用してお金を貯め始めましょう。毎月決まった日に、普通口座から積立定期預金の口座に自動でお金が移りますので、知らないうちにお金が貯まって行きます。

普通預金と定期預金、積立定期預金が1つの通帳(口座)になっている総合口座なら、普通預金にお金が入っていない時にカードや公共料金の引き落としがあっても、自動的に定期預金の9割までお金を貸してくれるので便利です。

■「ある時」にしっかり貯金
そして、E子さんがしなければならないのは、「ある時」貯金です。会社員なら「先取り」貯金で、給料が入ったら、一定額を財形や積立定期で貯めればいいのですが、一定額が見込めない場合は、まとまったお金が入ったら使う前に貯金!日々のやりくりで普通預金の残高に余裕ができたら貯金!です。「ある時」に貯める習慣をつければ、必ずお金は増えていきます。

次のページではE子さんが見事に貯金体質に変身します。