収入はあるのに貯まらない

面倒はイヤ
お金に向き合い、無駄なお金を払っている事に気づきましょう。
会社員のK子さんは、年収400万円。現在の貯蓄額は200万円。面倒なことが大嫌いでなかなかお金が貯まりません。でも1年後に結婚する予定なので、もう100万円貯めたいと思っていました。

■収入はあるのに貯まらない人へのアドバイス
・電話1本で安くなる
・貯まる仕組みを作る

K子さんは、ちまちました節約に時間をかけるくらいなら、いい環境で仕事をした方がいいので、節約は時間の無駄だと言うのが持論でした。

節約してお金を貯めるより、自分に投資をしてキャリアアップのチャンスを増やす事も大切です。だからといって、大切なお金を無駄に払っていていい訳ではありません。日常の中で払わなくてもいいお金がある事にまず気づきましょう。

■支出を減らすのにガマンはいらない
K子さんの生活の中で、電話1本すれば確実に払うお金が減る物があることがたくさんありました。携帯電話のプラン見直し、NHK受信料や保険料年払いへ変更、使わないクレジットカード解約、銀行の優遇口座申し込み、行っていないフィットネスクラブ退会etc・・・。

お金を貯める=節約=ガマン!というイメージがありますが、ガマンするのではなく、必要ない物にお金を払わないだけでも支出は減ります。

■積立とネットバンクで貯める
次は、知らないうちにお金が貯まる仕組みを作ればいいだけです。前のページのE子さんと同じように積立定期預金がいいですね。K子さんはボーナスもありますので、年2回積立額を増やす事でさらにお金が貯まりやすくなります。

貯金200万円も普通口座に入れたままでは増えませんので、結婚資金として欲しい時に下ろせるように、少しでも金利の高いネットバンクに預け替えるといいでしょう。

次のページでは、K子さんも100万円をしっかり貯めます。