挙式当日の媒酌人の1日

■挙式の30~40分前に会場に到着
式当日は時間の余裕を持って早めに会場に行きましょう。遅くとも挙式の30~40分前に着くようにします。会場で着替えや着付けをする場合は、最低でも2時間前には到着しているように心がけてくださいね。

■両家にご挨拶
式場に着いたらまず新郎側、新婦側の順に控え室に行き、本人はもちろん、両親や親族にお祝いの言葉を伝えに行きます。「本日はおめでとうございます。媒酌人をつとめさせていただく○○○と申します。不届きではございますが、よろしくお願いします。」という内容のあいさつをします。

媒酌夫人は、ひとおおりのあいさつが終わったら新婦側の控え室で、新婦のそばに付き添って緊張感を和らげ、体調に気を配ってあげるとよいでしょう。新婦には、まめに話しかけて食事や化粧などの気配りを忘れないように。

■進行の打ち合わせ
芳名帳へは媒酌人が最初に記名するのが決まりなので、忘れずにサインをしておきます。挙式が始まる前に式の手順や進行を会場係に確認し、式の形式の流れを把握しておくとよいでしょう。披露宴の司会者とも打ち合わせをし、スピーチの原稿も読み直し、名前の読み方、会社名、数字などに間違いがないか最終チェックをしておきます。

■挙式に立ち会う
  • 神前式は媒酌人は新郎新婦に続いて入場し、二人についで玉串奉奠(ほうてん)をします
  • 教会式では立会人として結婚証書に署名をします
  • 人前式は新郎新婦の意向で式が進行します。詳細は本人たちと事前に打ち合わせて決めましょう
■披露宴時の招待客の出迎え
挙式、親族紹介、記念撮影が済んだら披露宴が始まります。 招待客が入場する時には、新郎新婦、両親とともに入口で出迎えますが、笑顔で会釈する程度で、ていねいなあいさつの言葉は必要ありません。

■媒酌人のスピーチ
司会者の開宴のあいさつの後が媒酌人のスピーチ。最も重要な役目ですが、緊張せず、落ち着いて挙式の報告や新郎新婦のエピソードなどを話しましょう。できるだけ内容は、簡潔に5分以内にまとめればベストです。

■お色直しに付き添う
新婦がお色直しのために席を立つときは、媒酌人夫人が出口まで送ります。そして戻った時も入口まで迎えに行きます。しかし最近では、会場係が付き添ったり、新郎が迎えに行き二人で入場する場合も多くなっています。

■招待客の見送り
披露宴が終わったら、入場の時と同じように新郎新婦や両親といっしょに出口に並び、退場する招待客を見送ります。その後に新郎新婦や両家の両親にあいさつをしますが、司会者や係りの人にも忘れずにねぎらいの言葉をかけるとよいでしょう。

いつまでも媒酌人が式場に残っていると新郎新婦、両親にも気を遣わせてしまうので、あいさつがすんだら早めに帰りましょう。こういうところにも気遣いを忘れずにして下さいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。