結婚式・披露宴マナー/結婚式のご祝儀・祝儀袋

人には聞けない、結婚式のご祝儀の相場(2ページ目)

結婚式・披露宴のご祝儀はどのくらい包めばよいのか、新郎新婦との関係や年齢別に世間の相場をお伝えします。

中山 みゆき

執筆者:中山 みゆき

冠婚葬祭ガイド

年齢が高くなるとご祝儀も高くなります

年齢が高くなると当然、ご祝儀も高くなっています。30歳代、40歳代でそれなりのお給料を頂いている方と、20歳代で就職して間もない方では金額の差があって当然。また、同じ年代でもご結婚される方とのお付き合いの深さなどにより多少の違いも出てきます。

ただし、会社の取引先に限っては、各世代金額の変化はないようです。年齢には関係なく、会社でのご自分の立場や状況で判断されるのでしょう。


夫婦で参列する場合のご祝儀は二人で5万円が相場

当然お祝い金は二人分です。現在のお祝い金の目安が1人の場合3万円。単純計算で、夫婦だとその倍で6万円。しかし6という数字は偶数で慶事には使わない数字なので、この場合5万円を包むのが一般的。5万円ではすこし少ないと思われる場合は、プラス1万円で品物を贈る方法もあります。 

ただし、この5万円は遠い親戚・友人・知人の目安であり、兄弟姉妹や姪や甥の場合は、夫婦で10万円が相場目安となっています。

夫婦で5万円を包むのが金銭的に負担ならば、それぞれ別に2万円ずつ、又逆に少ないと思ったら3万円ずつ包んでもOK。その際は、同じデザインの祝儀袋を使いましょう。違うデザインだと「仲の悪い夫婦かも」と、勘違いされても困りますよね。

披露宴に出席しない場合

同僚・部下は複数で渡した場合の一人当たりの金額

同僚・部下は、複数で渡した場合の一人当たりの金額

相手との関係、ご自分の立場により、一般的な目安は3千円~1万円ぐらいが妥当。それ以上の額になると、いらない気を相手に遣わすことにもなります。現金でこの金額は少し不安だと思われる方は、同額の品物や商品券などを贈ってみてはいかがでしょうか。


ご祝儀ではなく品物を贈る時期は?

本来、結婚祝いは事前に贈るものですが、あまり早く贈ると相手に気を遣わすことにもなりかねません。

挙式の1ケ月前にお祝いを頂いた場合、「○○さんからお祝いを頂いたんだけど、やっぱり招待しないとだめかな?」と招待を催促しているように受け取られると大変です。相手とのお付き合いの深さにも関係しますが、挙式後、新婚旅行後あたりの2~3週間後に先方に届くようにすればよいでしょう。

【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます