出産手当金とは?

仕事を続けるママの産休中を支える出産手当金
産休中(産前42日、産後56日)はお給料が出ない会社がほとんどで、その間の生活を支えるために、健康保険から支給されるのが出産手当金です。仕事を続ける女性がもらえるお金です。
 

対象となるのは?

社員のほか、契約社員やパート、アルバイトであっても、仕事を辞めずに健康保険に加入し続けているママは対象になります。

2007年3月までは、退職後6カ月以内に出産されたママも対象でしたが、現在は対象外となっています。また、退職後、健康保険を任意継続しても支給されません。

厳密には、健康保険に加入していて、妊娠4カ月(85日)以上で出産した時に受け取れます。「妊娠4カ月以上」であれば、早産、流産、死産、さらには人工中絶であっても、出産手当金支払いの対象となります。
 

手当の対象期間は?

出産手当金は、出産日(出産日が予定日より遅れたときは予定日)前42日目(多胎の場合98日目)から、出産日の翌日から56日目までの範囲で会社を休んだ日数分が支給されます。

出産が予定日より遅れた場合は、実際の出産日までの期間も支給されます。例えば予定より3日遅れた場合は、3日分多く出産手当金が支給されます。

手当額について、次ページで確認してみましょう>>>