マタニティマークとは?

マタニティマーク(画像:厚生労働省のサイトより)
「マタニティマーク」は、厚生労働省が「妊婦にやさしい環境作り」を実現するための施策の1つとして、平成18年2月に公募を通じて決まったものです。

厚生労働省のサイトでは次のように説明されています。

<マタニティマーク>
・妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。

・交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取り組みや呼びかけ文を付したポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの。

公募を通じて、最終的に上のマークに決定したそうですが、やさしい印象のイラストですよね。

マークは、営利目的でなければ、厚生労働省ホームページからダウンロードして、個人、自治体、民間団体等で自由に利用することもできます。

【参照】厚生労働省のサイト