学費・教育費/学費・教育費アーカイブ

ららママのゴールドコースト子育て記-3(3ページ目)

オーストラリアで子育て真っ最中のららさんによるレポート、第3弾です。

豊田 眞弓

執筆者:豊田 眞弓

教育費 ・ 奨学金ガイド

  • Comment Page Icon

留学までの流れ


留学までの流れを整理します。
まずは、A・自分が学生ビザを取得する場合です。

1. 学校を決めて学校に連絡する(E-mailやFax)
2. 入学許可書をもらう(入学金や学費やOSHC(学生用の保険)を払うとくれる)
3.日本のオーストラリア領事館のWebサイトから学生ビザの申請書をダウンロード。
もし、出来なければ申請書を送付してもらうこともできる。
4.子供の学校を決める。QueenslandのWebサイトからもIndependent student(扶養生徒)の詳細がわかるので、(E-mailやFax)で連絡する。私立の連絡も基本的には同じ方法だと思いますが、学校によってはエージェントを通す必要があるかもしれません。親の入学許可書とそれぞれのパスポートとOSHC(学生用の保険のファミリー)と申請用紙とクレジットカード(学費の支払い用)をFaxで指示通り送る。出来るだけ自分の学校や家の近くの学校を選ぶのがポイント。
5.大使館しての医療機関で健康診断を受ける為の予約と申請用紙を大使館から取り寄せる。パスポートと写真が必要。
6.健康診断も終わったらすべての書類をコピーしてから大使館に送付する。
7.航空券の手配をする。
8.ビザの発給は申請してから1ケ月以上はかかるので余裕をもっておくこと。

釣りを楽しむジョウくん
ここまですべて英語ですが、辞書があればなんとかなります! 面倒なのでエージェントを使いたくなるでしょうが、自分の英語力をアップするためにも頑張りましょう。

B・観光ビザの場合は、航空会社や旅行会社でビザを申請してくれるので特に問題ないです。
1. 学校を探す。(インターネット)
2. ホームステイしたいなら申し込むときに依頼する。

C・学生ビザの単独取得なら、オーストラリア移民局のサイトからインターネットで申し込むことが出来ます。ガーディアンビザは別に取得することもできるようですが、移民局の法律は3ケ月毎に変更されるので注意が必要です。

(つづく)


参照:ららママのゴールドコースト子育て記<1>
ららママのゴールドコースト子育て記<2>
ららママのゴールドコースト子育て記<4>
オーストラリア留学
海外移住(オーストラリア)


ご意見・ご感想などお願いします =>カキコミはこちらへ

あなたの1票にご協力を!
****メルマガ登録お願いします****
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます