Aさんの例で貯蓄目安額を計算してみよう


Aさんは、子供は2人。今のところ、中学までは公立で、高校から私立の可能性も考え、大学は私立、という進路を描いています。
子ども1人に月5万円までの教育費なら、今後も家計からまかなえそうです。

教育資金として準備しておく金額はどれくらいでしょう?


小学校・中学校 
→ 家計でまかなう

私立高校 
→ (8.17万円—5.0万円)×12ヶ月×3年=152.16万円

私立大学
→ (12.1万円—5.0万円)×12ヶ月×4年=340.8万円


  合計 492.96万円(1人分)


これが1人分の貯蓄目標額となります。
子どもが2人なら、<492.96万円×2人=985.92万円>以上を貯蓄目標にしておくと安心でしょう。


奨学金を見込むならその分を引いて計算を


大きくなったら、本物の赤い車に乗るんだ~!
もしも、「大学の4年間は奨学金を利用する予定がある」というときには、奨学金ではいってくる分を差し引きましょう。
仮に月5万円の奨学金を4年間利用した場合は、次の金額を差し引くことができます。

5万円×12か月×4年×2人分=480万円

985.9万円—480万円=505.9万円


この505.9万円を2人の子の教育資金として貯めます。

子どもの教育資金は、多めに貯めて、資金が余った分を結婚支援金や老後資金に回すこともできます。


参照:
月額で見る<教育にかかるお金>
教育資金の目標額はどう決める?
教育資金の貯蓄目標額は400万~600万円
教育資金の設計~進学コース別~
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!

※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/5/1~2022/5/31まで

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。