教育費が1000万円かかる、いや私立中心だと2000万円だ、などといわれても、ピンとこない人もいるでしょう。ここでは、あえて月額で示してみました。


教育にかかるお金

あんまり難しく考えないでね、ママ・パパ!
これまで、合計で示されることが多かった教育費。その負担感をつかむために、月額で表示してみます。

ベースにしたデータは、文部科学省「平成20年度子どもにかかる学習費調査」(大学のみ、文部科学省「データから見る日本の教育2005」より)です。

この中には、学校でかかる教育費や教育関連費のほか、塾代やお稽古事の費用なども含まれます(金額は100円単位で四捨五入しています)。

<注意1>
まず、注意したいのは、累計費用から逆算したもののため、入学金や入学準備費用、塾代など、月によって金額が大きく変わるものも、ならした形で示されているということです。つまり、平均額ですので、月によってはもっとかかる月や、かからない月もあるということです。

<注意2>
私立の場合、学校によってかかる額が異なります。また、大学のデータは「学習費調査」にはないため、文部科学省「データから見る日本の教育2005」の数字を利用しています。そのため、あくまでも目安としてください。


まかないきれない分の累計を貯める

月額を見て、毎月の家計やボーナスからではまかないきれないと思う分の累計を、貯蓄目標額にするのも1つの方法です。

 

幼稚園から大学まで

 
■幼稚園
公立 
私立

■小学校
公立 
私立

■中学校
公立 
私立

■高校
公立 
私立

■大学
公立 
私立