月々8万円台の返済はホント。ただし期間は限定。

博士イメージ
はたして答えは○か×か!!?
さて、前のページの数字をまとめてみましょう。

販売価格:2,920万円
借入金額:2,440万円
住宅ローンの金利:1.15%(固定1年)

金利タイプに1年間しか固定されないものを使っており、さらに、この物件には以下の支払いも付いてきます。

管理費:月々13,000円
修繕積立金:月々5,300円
敷地内駐車場:月々800円

そしてAさんが35年返済の提携銀行ローンを組む場合は以下のようになります。

毎月返済額:70,597円
管理費:13,000円
修繕積立金:5,300円
敷地内駐車場:800円

毎月の支払いは89,697円となり、チラシの通り8万円台の返済となりますが、これは1年しか金利が固定されていないため、この返済額は1年間のみの数字となります。

【関連記事】
「賢い住宅ローンの組み方」(住宅ローン)


頭金の他に、「諸費用」が必要!!

そして、月々89,697円の支払いにするには、確か自己資金に480万円が必要でしたね。更に、提携銀行ローン保証料が約50万円、修繕積立一時金約30万円、ローン事務手数料や不動産会社へのローン斡旋事務手数料約10万円など、頭金と諸費用に総額約650万円程度の現金を持つ場合という前提条件が付きますので、注意しましょう。

ちなみに、このマンションをAさんが購入した場合の1年後は???(1年後の金利は誰にもわかりませんが、今と同じ金利水準:1年固定金利=1.15%と想定しましょう)

■変動金利(1.675%)の場合:   95,918円
■5年固定金利(2.100%)の場合: 101,168円
■10年固定金利(2.800%)の場合: 110,318円

細かいところまで試算してみると、やっぱり「4LDKが月々8万円」は1年間だけのようですね。住宅購入の予算組みは自分でしっかりしておき、「いくらの住宅が購入できるか」という自分自身の購入価格を知っておきましょう。


【関連記事】
「住宅ローンの金利の仕組み」(住宅ローン)
「住宅ローンは自由に選べない?」(住宅購入のノウハウ)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。