職業によってどのように制限を受けるのか?

ヨットはレースだと制限の対象となる可能性有り
ヨットはレースだと制限の対象となる可能性有り
制限を受ける場合は、死亡保障額や入院給付金額などに通常よりも厳しい上限を設けたり、加入自体を不可としたりする場合があります。

■制限される主な保障
  • 災害による死亡保険金(災害割増特約など)
  • 病気やケガによる入院給付金(医療保障特約、医療保険問わず)
  • ケガによる入院給付金(災害入院給付金特約など)
  • 傷害による死亡保険金(傷害保障特約など)
■制限される程度

仮に1億円の死亡保障に加入できる条件がそろっていても、職業制限に該当したことによって、1千万円しか加入が認められないような事が考えられます。入院に関する保障も、日額20,000円のところを5,000円までとされてしまう事が考えられます。なお、職業制限の内容は全社統一ではありません。

どんな職業が制限を受けそうか?

危険を伴わない事務職や営業職であれば、職業による制限を受ける事はまずありません。特殊(特別)な職業が多く該当してきます。制限がありそうな例をいくつか挙げてみましょう。
  • スポーツ(野球、サッカー、ゴルフ、自動車レース、オートバイレース、競馬、競輪、競艇、レスリング、ボクシング、相撲、ヨットレース、登山、探検等を職業としている場合など)
    ※野球、サッカー、ゴルフについては制限を設けていない保険会社もあります。また選手だけでなくコーチ等も制限を受ける場合があります。
  • 航空機(定期旅客航空会社以外のパイロットや客室乗務員、ヘリコプター、自家用機、テストパイロット等)
    ※JALやANA等のパイロットや客室乗務員は制限の対象となっていません。自衛隊の戦闘機に搭乗する人は制限の対象となります。
  • 船(小型船舶の乗組員など)
  • 自動車(タクシー、ハイヤー、バス、貨物などの運転手や貨物の助手など)
    ※自家用車の運転は含まれません。
  • 鉱業(鉱山での坑内外での作業者や砂利採取作業者、採石工、石切工、ボーリング工など)
  • 土木(ダム建設、トンネル工事、潜水等の作業者やとび工、配管工、大工など)
  • サービス業(ガラス清掃や産業廃棄物処理等の作業者)
  • 飲食(深夜営業しているスナックやクラブなどの経営者や従業員)
その他では、反社会勢力関係者や住所不定者などは、加入できる可能性が低いです。


では無職はどうなるの?