医療保険等の所得控除枠を新設!

介護医療保険料控除が新設される
介護医療保険料控除が新設される
生命保険については、加入者のニーズの多様化や、健康保険や介護保険等の社会保障制度を補完する重要性を踏まえる必要があり、一般の生命保険料控除と個人年金保険料控除の2つにわかれている現在の制度を改正して、新たに介護医療保険料控除の枠を新設することになっています。

介護医療保険料控除に該当する保険は、介護の保障や医療の保障の保険(主契約)や、特約でもその部分に係る保険料等となっています。所得税の控除額の計算は下記の通りです。

介護医療保険料控除(所得税の場合)
支払った保険料控除額
20,000円以下支払った保険料
20,000円超~40,000円以下支払った保険料×1/2+10,000円
40,000円超~80,000円以下支払った保険料×1/4+20,000円
80,000円超一律40,000円

現在ある生命保険料控除とは控除額が異なります。がん保険については特に明記されていませんが、ここに含まれるものと思われます。

次に住民税における控除の内容です。

介護医療保険料控除(住民税の場合)
支払った保険料控除額
12,000円以下支払った保険料
12,000円超~32,000円以下支払った保険料×1/2+6,000円
32,000円超~56,000円以下支払った保険料×1/4+14,000円
56,000円超一律28,000円


介護医療保険料控除が新設される一方で、現在の一般の生命保険料控除や年金保険料控除は、控除額が縮小されます。控除額の計算については次のページで!