毎日の野菜・フルーツレシピ/野菜の下ごしらえ・保存法

白菜の下ごしらえ・切り方

白菜の下ごしらえと切り方をマスターして、白菜をよりおいしくいただきましょう。ざく切り、そぎ切り、棒切りを紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白菜の下ごしらえ・洗い方について

下ごしらえ
株元に刃を入れています。この後、手に力を込めて割ります
白菜は包丁を使わずに、株元に軽く包丁の刃を入れてから、手で割ると、日持ちがよくなります。また、この方法だとバラバラにならずに白菜を切り分けることができます。

白い芯と葉では、火の通りが違うので、調理するときは芯から調理するようにしましょう。

白菜の切り方(ざく切り)

ざく切り1
1:白菜の葉を根元からはがし、洗って、水気を切ります。

2:カット白菜ならそのまま、大きな1枚葉なら、縦半分に切ったものを、重ね、端から好みの幅で、ざくざくと切っていきます。煮物や炒め物に向いた切り方です。

白菜の切り方(そぎ切り)

そぎ切り1
1:白菜の葉を根元からはがし、洗って、水気を切ります。

2:包丁の刃先で芯と葉の境目を切り離します。

そぎ切り2
3:芯を横に置き、包丁を寝かせ、切り口が広くなるように、斜めに切っていきます。

そぎ切り3
4:葉は好みの幅にざく切りします。

芯の厚い白菜は、そぎ切りして、切り口の面積を大きくすることで、短い時間で火を通りやすくします。鍋もの、煮こみに向いた切り方です。

白菜の切り方(棒切り)

棒切り1
1:菜の葉を根元からはがし、洗って、水気を切り、包丁の刃先で芯と葉の境目を切り離します。

2:芯を横に置き、5cm幅くらいに切ります。

棒切り2
3:【2】を縦に置き、繊維質に沿うようにして、好みの幅で端から切っていきます。

白菜の芯の繊維を活かすように、繊維を残して細長く切ります。繊維のシャキシャキ感が残り、漬物や炒め物にぴったりです。

更新日:2009年10月01日

(公開日:2009年09月10日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する