家族のお弁当レシピ/男性のお弁当レシピ

まろやかスパイシー、ヨーグルトカレーチキン

お手頃食材の鶏胸肉を、ヨーグルトとカレー粉に漬けこみます。スパイスの香りよく、乳酸菌の力でお肉が柔らかくなりので、胸肉のパサつきもナシ。タンドリーチキン風味で、夏にぴったりのチキンおかずになりますよ。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まろやかスパイシー、ヨーグルトカレーチキン

所要時間:45分

カテゴリー:メインのおかずタンドリーチキン

 

まろやかスパイシー、ヨーグルトカレーチキン

お手頃食材の鶏胸肉を、ヨーグルトとカレー粉に漬けこみます。スパイスの香りよく、乳酸菌の力でお肉が柔らかくなるので、胸肉のパサつきもナシ。冷めてもとてもおいしくいただけます。タンドリーチキン風味で、夏にぴったりのおかずになりますよ。

ヨーグルトカレーチキンの材料(4人分

ヨーグルトカレーチキン
鶏肉 大2枚
少々
こしょう 少々
ヨーグルトカレーソース
生姜 すりおろし大さじ1/2
ニンニク すりおろし小さじ1
カレー粉 大さじ2
白ワイン 大さじ1
ケチャップ 大さじ1
小さじ1
クミンシード 小さじ1
オリーブオイル 大さじ1/2
ヨーグルト 1カップ
鶏胸肉は、皮つきのまま使用しますが、苦手な方は取り除いて下さい。手羽元や鶏モモ肉を使ってもOK。日持ちしやすいように、少し塩加減を強めにしていますので、お好みで塩分量を調節して下さい。

ヨーグルトカレーチキンの作り方・手順

ヨーグルトカレーチキンの作り方

1:鶏肉を食べやすい大きさに切って下味をつける

鶏肉を食べやすい大きさに切って下味をつける
鶏肉を肉たたきでたたくか、厚い部分に斜めに包丁を入れて厚みを均等にし、それぞれ4つぐらいに切り分けます。塩こしょうをして、下味をつけます。

2:肉をヨーグルトカレーソースにつけてもみ込む

肉をヨーグルトカレーソースにつけてもみ込む
ビニール袋に、ヨーグルトカレーソースの材料と下味を漬けておいた鶏肉を入れて、全体をよくもみ込みます。冷蔵庫で30分ほど寝かせます。 時間がないときは、袋の上からよくもみ込み、室温に15分置きます。

3:フライパンで焼く

フライパンで焼く
肉についたカレーヨーグルト液を軽く拭き取り(液は捨てずにとっておく)、油を敷いていないフライパンで皮目を下にして焼きます。

4:ヨーグルトソースと共に蒸し焼きにする

ヨーグルトソースと共に蒸し焼きにする
皮に焼き色がついたら、ひっくり返します。鶏肉を漬けておいたヨーグルトソースを加えて、フタをして肉の中心まで完全に火が通り、ソースが半分に煮詰まるまで加熱します。

ガイドのワンポイントアドバイス

つけ置き調味料に漬け込めば、冷蔵庫で3日持ちます。加熱調理後は、完全に冷めてから煮汁と共に冷蔵庫へ。3~4日持ちします。

更新日:2011年06月09日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する