税金/所得税の基礎を学ぼう

所得税の「基礎控除」とは

所得税の「基礎控除」とは、全ての納税者が無条件に差し引ける所得控除です。この基礎控除はどのように計算されるのでしょうか、また何か手続きが必要でないのでしょうか。「基礎控除」の仕組みについて解説します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所得控除とは? 基礎控除とは?

所得税の「基礎控除」とは、どの納税者も無条件に差し引ける所得控除のことです。この基礎控除は、どのように計算され、また適用されるためには何か手続きが必要なのでしょうか。

今回は、「基礎控除」の仕組みについてみてみましょう。まずは「所得控除」から解説します。

健康な人より病気がちな人のほうが生活が大変、面倒をみなければいけない親族が多い人のほうが独身者より生活が大変……世の中にはいろいろな事情を抱えた人がいます。税法上、前者は「医療費控除」という形で税負担が考慮され、後者は「扶養控除」という形で税負担が考慮されています。

所得控除とはこのように、いろいろな事情に配慮して税負担を緩和する措置のことをいいます。

所得控除の種類は、物や事象を視点に配慮されている所得控除(医療費控除のほか、生命保険料控除地震保険料控除などがある)を物的控除、人を視点に配慮されている所得控除(扶養控除のほか配偶者控除や障害者控除などがある)を人的控除に区分されます。

その中でも、基礎控除とは「すべての納税者が無条件に差し引ける所得控除」で、人的控除のひとつです。

所得控除が計算される仕組み

所得控除が計算される流れを、右下の図表とともに簡単にみていきましょう。

税金が課税される仕組み

税金が課税される仕組み

まず「収入」から必要経費(給与所得控除)が差し引かれ、「所得」が出ます

「収入-必要経費(給与所得控除)=所得」

この「所得」に税率が課せられているわけではありません。

次に、前述の納税者が抱える事情を配慮するために、ここで「所得控除」が差し引かれます。「基礎控除」も所得控除の1つですから、このときに計算されていることになります。

「所得-所得控除=課税所得」
(ここで計算されたものは、税率が課せられる所得ということで、所得と区分するために「課税所得」といいます)。

そしてその後、課税所得に税率がかけられ、税額が算出されるのです。

ところで、「収入が103万円までだったら税金がかからない」ということが、税金の耳学問として一般に流布されていますが、この理由は上記の計算の仕組みで説明できます。具体的な計算方法を次のページで確認しましょう。

更新日:2014年03月24日

(公開日:2010年09月09日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    12

    この記事を共有する