南 恵子

NR・サプリメントアドバイザー / 食と健康 ガイド 南 恵子

みなみ けいこ

NR・サプリメントアドバイザー、フードコーディネーター、エコ・クッキングナビゲーター、日本茶インストラクターなどの資格取得。現在、食と健康アドバイザーとして、健康と社会に配慮した食生活の提案、レシピ提供、執筆、講演等を中心に活動。毎日の健康管理に欠かせない食に関する豊富な情報を発信していきます。

ガイド記事一覧

  • 「果糖は太る」は本当か…ブドウ糖との違いと注意点

    「果糖は太る」は本当か…ブドウ糖との違いと注意点

    糖質は生きる上で必要な栄養素。しかし近年、血糖値の急上昇が肥満や老化などにつながる「糖化」との関連性が懸念されています。そして血糖値をあげにくい果糖も、肥満リスクが指摘されているのです。果糖は太るのか?果糖の特徴と、果糖を含む食品を摂る際の注意点を解説します。

    掲載日:2018年07月19日食と健康
  • 災害避難時も大切な口腔ケア…防災セットに歯ブラシを

    災害避難時も大切な口腔ケア…防災セットに歯ブラシを

    防災セット・非常用持ち出し袋に歯磨きセットを入れている方は、意外と少ないかもしれません。実は避難所での口内環境の悪化は、口臭や虫歯の原因になるだけでなく、感染症などのリスクを高めて健康を損なうことがあります。地震や台風などの自然災害時の歯磨き、オーラルケアが重要な理由を解説します。

    掲載日:2018年07月11日食と健康
  • 「インスタ映え」料理に潜む食中毒リスクと予防法

    「インスタ映え」料理に潜む食中毒リスクと予防法

    ジメジメとした梅雨は、美味しい食事で元気をチャージしたいもの。しかし、たっぷりの生野菜、カラフルなジャーサラダ、味噌や漬物などの自家製発酵食品、手作り弁当にこだわりカレーなど、見た目もよく清潔そうな「インスタ映え」料理でも、菌、食中毒リスクと無縁ではありません。キッチン周りで気をつけるべきポイントを解説します。

    掲載日:2018年05月31日食と健康
  • 内臓脂肪を遠ざける「5つ」の食事習慣

    内臓脂肪を遠ざける「5つ」の食事習慣

    脂肪は健康的に生きる上でなくてはならないものですが、過度にたまると肥満になり生活習慣病を引き起こすなど、悪影響を与えます。なかでも、特に問題となるのが内臓脂肪。ここでは、内臓脂肪を遠ざけるために役立つ食事習慣のポイントを5つご紹介しましょう。提供:雪印メグミルク株式会社

    掲載日:2018年01月11日食と健康
  • 健康食品の打消し表示・「個人の感想」だけではNG

    健康食品の打消し表示・「個人の感想」だけではNG

    平成29年7月、消費者庁は「打消し表示に関する実態調査報告書」を公表しました。私たち消費者にとっては、あまり馴染みのない報告書ですが、健康食品などの表示に関わるものです。日常的に健康食品を選ぶ際、選び方の判断材料になるものだと思いますので、わかりやすくまとめて解説します。

    掲載日:2017年08月28日食と健康
  • アウトドアでの食中毒予防法…沢水での流しそうめんも

    アウトドアでの食中毒予防法…沢水での流しそうめんも

    お祭りやキャンプ、バーベキューなど、アウトドアのレジャーに適した季節。屋外での食事は楽しいものですが、扱いに注意すべきは生肉や傷みやすい食材だけではありません。一見きれいな沢水や湧き水、井戸水に細菌やウイルスが混入しており、流しそうめんで集団食中毒が起きた事例もあります。食中毒予防法をご紹介します。

    掲載日:2017年07月27日食と健康
  • 梅雨時~夏の食中毒予防法…適切な食品の扱い方は?

    梅雨時~夏の食中毒予防法…適切な食品の扱い方は?

    ジメジメした梅雨や、気温の上がる夏は、食中毒の原因菌もはびこる季節。梅雨~夏に食中毒を予防するために、食品の適切な衛生管理は非常に大切です。食中毒予防の3原則は「付けない、増やさない、殺す」。食中毒の原因、効果的な食中毒予防方法、食中毒対策に役立つ食材をご紹介します。

    掲載日:2017年05月26日食と健康
  • デカフェで生活が豊かに!美味しいコーヒーの楽しみ方

    デカフェで生活が豊かに!美味しいコーヒーの楽しみ方

    コーヒーブームが続く中、近年はカフェインを含まないデカフェが注目されています。コーヒーに含まれる成分と健康への関わり、また新たなデカフェによって広がるコーヒーの楽しみ方を紹介します。 提供:ネスレネスプレッソ

    掲載日:2017年05月23日食と健康
  • 「米粉の用途別基準」を知れば米粉レシピも失敗なし!?

    「米粉の用途別基準」を知れば米粉レシピも失敗なし!?

    農水省から米粉製品に関する新たな表示ガイドラインが発表され、年内にも対応商品が発売される予定です。「新粉」「上新粉」などの分類で和菓子に使われてきた米粉ですが、最近はパンやケーキなど様々な食品に使用されています。小麦アレルギーで「グルテンフリー」を求める人からも支持されているようです。新基準を知って、米粉を上手にレシピに活かしましょう。

    掲載日:2017年04月29日食と健康
  • 飲酒後に顔が赤くなる人は骨折リスクに要注意

    飲酒後に顔が赤くなる人は骨折リスクに要注意

    慶應義塾大学医学部整形外科学教室・宮本健史准教授グループの研究によると、遺伝的にお酒を飲んで赤くなりやすい体質の人は、そうでない人に比べて2.48倍も骨粗鬆症による大腿骨近位部骨折を起こしやすいそうです。骨の健康は1日にしてならず。骨折リスクを低くして、骨を丈夫にする方法はあるのでしょうか?

    掲載日:2017年04月12日食と健康