山室 賢司

うなぎ ガイド 山室 賢司

やまむろ けんじ

東京下町生まれ。鰻好き。2000年より、特に意識して鰻屋めぐりを始める。2009年より鰻屋めぐりに関するブログを開設。2010年にはブログの情報をまとめたサイト「うなぎのぼり」を始める。食べ歩き軒数は約150軒超。

ガイド記事一覧

  • 鰻割烹 伊豆栄 本店

    鰻割烹 伊豆栄 本店

    創業は江戸時代中期、創業家は伊豆から江戸に出て、伊豆に栄えるという願いを込めて、屋号を「伊豆栄」としたという説もあり。その当時は不忍池でも鰻が採れたようだ。

    掲載日:2013年02月04日うなぎ
  • 五代目 野田岩 麻布飯倉本店

    五代目 野田岩 麻布飯倉本店

    江戸末期、寛政12年(1800年)、伊能忠敬が蝦夷地を初めて測量したという年に創業した、五代目 野田岩 麻布飯倉本店。こだわりの素材、こだわりの調度品でいただく、上品うな重。

    掲載日:2013年01月15日うなぎ
  • 竹葉亭 木挽町本店

    竹葉亭 木挽町本店

    木挽町とは古い町名で現在の銀座8丁目周辺。創業は江戸末期、慶応2年(1866年)あの寺田屋事件の年。明治9年(1876年)留守居茶屋から、鰻蒲焼や酒を出す店と変わる。中国で酒のことを「ササ」と言ったことから、屋号は「竹葉亭」と名付けられた。

    掲載日:2013年01月15日うなぎ
  • ひょうたん屋 6丁目店(銀座・新橋)

    ひょうたん屋 6丁目店(銀座・新橋)

    地焼きの鰻が食べたい。夕方に仕事がひと段落し、地下鉄で東銀座、ひょうたんや6丁目店へ。

    掲載日:2012年12月18日うなぎ
  • うなぎ屋酒坊 越後屋(小手指)

    うなぎ屋酒坊 越後屋(小手指)

    嬉楽しい鰻懐石とお客の好みで焼き上げるうな重ならうなぎ屋酒坊 越後屋。西武池袋線小手指駅南口から住宅街に入り、駅前通りをまっすぐ5分ほど進むと、越後屋の看板を発見。和風な一軒家のお店だ。店内に入ると、左側には分厚い一枚板のカウンター、ゆったり5人ほど座れる。右には座敷4卓ほど、さらに奥にはテーブル席もある。

    掲載日:2012年12月18日うなぎ