徳川二の丸御用商として創業

創業は1827年(文政10年)、時の将軍は第11代家斉の頃だ。徳川二の丸御用商として、芝田村町(港区芝二丁目)付近に海老屋鉄五郎が創業した。海老屋が屋号なのだが、親しい同志から「ての字」と呼ばれていたのだそうだ。当時は名前の頭文字をとって「○○字」と呼び合うのが習慣だったようで、鉄五郎さんであるから「ての字」となり現在の会社名となっっているようだ。
ての字西新橋本丸

ての字西新橋本丸外観


お店に近づくとあの香りが

地下鉄の御成門駅を出て東京慈恵医科大方面へ歩く。芝郵便局前の交差点を曲がると、煙が見えてくる。そしてあの香り、病院の隣でこんないい香りさせちゃっていいのかと思ってしまう。煙の奥には大規模な立て場が見える。鰻の卸と加工をしている、鰻問屋直営のお店なのだ。店頭でうなぎ弁当を販売している、その横の階段を上って二階が食事どころだ。階段を上がりきったところにレジがあり、レジ前のメニューを見て注文することになる。うな丼は1500円から、上うな重2200円、特上うな重2800円。グレードで鰻の量が違うとのこと、特上うな重は1尾分になる。信長丼というのも気になるところだ。特上うな重2800円を注文し支払いを済ませ、小さな券をもらう。好きな席に座ってよいようだ、テーブルの上に券を見えるように置いておく。
ての字西新橋本丸

特上うな重2800円


ボリューム感のあるこってりした蒲焼

待つこと7分、うな重登場。皮はやや厚めだが柔らかい、よく脂がのっている。身はフワッとして、やや厚めで柔らかい。タレは甘辛やや甘め。ご飯は量は、ちょっと少な目だが鰻の量に対してちょうど良く、炊き加減もよい。ボリューム感のあるこってりした蒲焼だ。隣の席の人はご飯を大盛りにしている。はじめからご飯が少なめなことを知っている人は、ご飯を大盛りにしているようだ、ちょっとしたサラダが付くのも嬉しい。漬物には奈良漬が入り、肝吸いの肝は小ぶりの肝が入っている。江戸のせっかちを、システマチックに進化させたような鰻問屋直営の老舗うなぎ屋さん。
ての字西新橋本丸

特上うな重2800円


■ての字 西新橋本丸
住所:東京都港区西新橋3-19-12
電話番号:03-3432-2564
営業時間:10:45~14:30
地図:Yahoo!地図情報
URL:http://www.tenoji.co.jp/

※上記データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。