うなぎ屋酒坊 越後屋

うなぎ屋酒坊 越後屋

西武池袋線小手指駅南口から住宅街に入り、駅前通りをまっすぐ5分ほど進むと、越後屋の看板を発見。和風な一軒家のお店だ。

店内に入ると、左側には分厚い一枚板のカウンター、ゆったり5人ほど座れる。右には座敷4卓ほど、さらに奥にはテーブル席もある。この立派な一枚板のカウンターは、元寿司屋の名残だそうだ。

鰻屋には珍しい若い店主と女将のホスピタリティ

うなぎ屋酒坊 越後屋

お客の眼前に差し出されるうなぎ。うなぎに自信がある証拠

若い店主が気持ちよく出迎えてくれる。鰻屋の店主からこんなにさわやかに、出迎えられたのは初めてかもしれない。カウンター内に活鰻が桶に入っているにが見える。「どれにしましょうか?」と店主。活きている鰻を前にどれにしましょうかと聞いてくれる店は珍しい。

女将さんが、座敷に案内してくれる。さきほどのカウンター周辺とは雰囲気が変わる。こだわりの照明器具や内装の配色はモダンレトロを感じさせる。ゆっくりとやわらかく話す美人女将さんは店主の奥様なのだそうだ。

うなぎ屋酒坊 越後屋

大女将の手によるお品書き

女将さんより献立の説明。献立の「書」は大女将さんの直筆なのだそうだ。こういうやり取りは、温泉宿か割烹料亭を思わせる。

無言で提供されるより一言説明してもらえると、店に対する興味、料理に対する想像力が生まれるんですな。「如月の下弦の頃献立」情緒あるタイトル。

華やかな前菜に期待が高まる

うなぎ屋酒坊 越後屋

献立にない料理まで、手抜きなし

間もなく前菜が登場。これを見て心動かされない人はいないだろう。鰻骨せんべい、姫さざえ煮、雪見鰻ホーレン草ペースト、ゴマ豆腐、芽キャベツ酒むしイクラのせ、ずわいと海月のサラダ、本鮪、クジラベーコン酢味噌がけ、白海老、平目の昆布ジメ。

献立書に書かれていない脇役であろう旬の野菜たちもうまい。見事な盛り付色のバランスで、華やかな気持ちになり鰻屋であることを忘れそうだ。

うなぎ屋酒坊 越後屋

うなぎを丸ごと堪能できる焼き物

つづいて焼き物が登場、尾びれ焼き、白バラ焼き、日向鶏の焼鳥。鰻を無駄にしてない、尾びれも白バラも鰻5尾分でひと串になるとか。

器用に串にまかれた尾びれ焼は見た目真っ黒なのだがミニトマトの赤が目にも楽しい。若干の苦みと柔らかくなった小骨のざらざら感、脂のこってり感、珍しい食感だ。

白バラ焼は骨の周りの肉を丁寧に串にしてある、わりと淡泊なお味だ。山椒は京都産、ミルを数ミリ回しただけで山椒の香りが楽しめる。尾びれ焼にお勧めとのこと。