自動車保険/自動車保険関連情報

自賠責豆知識 自賠責が支払われない?

どんな事故でも自賠責は必ず支払われる。そう思っていませんか?でも実は・・・。

執筆者:小田切 毅

  • Comment Page Icon

以前説明したように、自賠責というのは、クルマのオーナーに義務付けられた強制保険です。 「被害者の救済を目的としているので、どんな事故の時でも、加害者が車検切れのクルマに乗ってイルのでない限り、被害者に保険金が支払われる」そう思っている人が多いのではないでしょうか?しかし、たとえ加害者が自賠責保険に加入していても、保険金が支払われないケースがあるのです。その代表的なケースを紹介しますので、参考にしてみて下さい。

1.加害者が無責の場合
「無責」とは、加害者にまったく責任がないことを意味します。つまり、加害者側に賠償責任が生じないので、自賠責の支払対象にならないのです。例えば、被害者側の一方的な過失、故意(夜間の高速道路横断など)常識では考えられないような危険な運転(無免許での泥酔運転中や、50キロ以上の速度オーバーなど)による事故は、無責と判断されます。

2.自賠責の請求期限を過ぎている場合
自賠責には、請求権の時効があり、その時効を過ぎてしまうと、請求する気がないとみなされ、支払われないのです。(この“請求権の時効”については次回解説します)

【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/4/30まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます