自動車保険にも地震保険はある?
自動車保険についても、地震災害に対する備えを気にする人もいるでしょう。特に車が高額であったり、ローンで購入しているような場合には尚更です。

通常の自動車保険では、地震や噴火、津波などによる損害は補償の対象となっていません。

それでは、地震災害から自分の車を守るにはどうしたらいいのでしょうか? 自動車保険の地震保険について解説しましょう。

地震保険とは?

「地震保険」というと、住宅などに付帯する場合を思い浮かべると思います。住宅などに火災保険を付ける場合には、その契約に地震保険を付帯することができます。

地震保険が他の火災保険などと大きく異なる点は、政府が再保険を引き受けることでこの仕組みに関与している官民一体の保険制度であるということです。

保険という仕組みは、事故の発生率などを統計で算出して、必要な保険料を計算した上で、保険事故に遭った人を他の人が支えあっていることによって成り立ちます。

地震災害においては非常に多くの人が被害を受けるため、こうした仕組みが成り立ちにくいという特徴があります。そのため政府が関与するかたちの官民一体の制度になっているわけです。