「事故を起こしても、保険に入っているから大丈夫」。とはいっても、自分を守るためにやるべきことがあります。被害者になったら? 加害者になったら? そして保険会社はどんな対応をしてくれる? 気になる事故のポイントを解説します。

事故の被害者になったら、うかつに示談に応じないこと

事故はある日突然に起きてしまいます。いざという時にあわてないよう、シミュレーションしておきましょう

事故はある日突然に起きてしまいます。いざという時にあわてないよう、シミュレーションしておきましょう

事故発生時、被害者になった場合と加害者になった場合では対応が異なります。歩行中や目撃者が少ない場所で被害者となった場合、自分の利益を守るために、できることをきちんとしておきましょう。

■被害者になったケースですべきこと

1. 相手の身元を確認する

免許証、車検証などのコピーを取る。または携帯電話のカメラなどで撮影しておく

2. 現場の保全
交差点内のどこで事故が起きたのか、携帯電話のカメラなどで撮影。目撃者がいれば証言を協力依頼

3. 警察へ届ける
事故証明書を発行

4. 保険会社へ連絡
たとえ歩行中でも、自分の自動車保険が使える場合も。事故発生から60日以内の届け出が必要

被害者となった場合、相手から「示談にしましょう」とある程度の金額を提示される場合があります。この時点で念書やサインなどをしてしまうと、後々保険会社が対応できないことも。当人同士の示談はできるだけ避けるべきです。

なお、「1」は加害者側が協力的で、警察が来るまで安全確保などの対応をする場合は必要ありません。

加害者になったら、相手の安全を確保するのが最優先

加害者となった場合、事故を起こしてしまったことの恐怖心からパニックとなり、その場を離れてしまう人もいるようです。さらなる被害を招かないためにも、自分の責任を果たしましょう。

■加害者になったケースですべきこと

1. お互いの安全の確保
ケガ人を安全な路肩などに移動し、救急、警察へ通報)

2. 二次被害の防止

発煙筒、停止表示機材を設置する。見通しの悪い道、高速道路などでは特に重要

3. 警察へ届ける

事故証明書を発行

4. 保険会社へ連絡
その場ですぐに連絡するのが望ましいが、自身もケガを負ったケースなどでは60日以内に届ける

まずは相手と自分の安全確保が第一。余裕があれば、事故の状況を記録しておきましょう。

では、事故が発生した時、保険会社は何をしてくれるのでしょうか? 続きは次のページで。