自賠責保険の補償内容

自賠責保険
自賠責保険の補償は必ずしも十分ではありません。
それではその最低限の補償というのはどの程度あるものなのでしょうか?まず頭に入れて頂きたいのは自賠責保険の補償は「対人賠償のみ」ということです。

つまり他人(第三者)にケガをさせたり死傷させたりした場合だけが対象になります。

言い換えると他人のクルマを壊してしまった(対物賠償)ときや、自分のクルマの補償や運転者自身のケガの補償(傷害)などは一切ないということです。

具体的な補償額は以下の通り。
  • 死亡   3,000万円
  • 後遺障害 4,000万円~75万円(後遺障害のランクによって異なる)
  • 傷害   120万円

自賠責保険の注意点

対象となる事故が対人賠償のみというのは必ず知っておかなければなりません。また相手にケガをさせてしまった場合にも120万円補償があればいいのではないか? と言う人がいます。

傷害120万円と言ってもここにはケガをしたときの治療費、慰謝料、休業損害、病院までの交通費、諸雑費等まで含みます。

数ヶ月入通院をするような事故を起こしてしまえば、休業損害だけでも結構な金額になります。これに慰謝料や実際にかかる治療費などを考えれば120万円という金額が決して多くないことはご理解頂けると思います。

そうしたことから考えると任意保険の必要性が見えてくると思います。

自賠責保険と飲酒運転、ひき逃げ

自賠責保険の場合、運転していた加害者が飲酒運転をしていたり無免許運転をしていた場合でも支払いの対象となります。

これは冒頭お話したように基本的な考え方は被害者救済にありますので、運転者が飲酒をしていても被害者には関係がないということです。逆にこれで保険金の支払いがされないようなら被害にあった人が報われません。