退職金や福利厚生の違いも大きい

退職金の差、というのも正社員とアルバイトやパートの差を大きく分ける要因のひとつです。仮に長い時間働いているので厚生年金に加入しているパートであっても、退職金が出ないのが一般的です。逆に、正社員が退職金をもらえない会社はほとんどありません。

退職金の金額は、それこそ会社次第なのでなんとも言い難いのですが、おおむね1000~3000万円というところです。たいていの場合は大企業のほうが退職金も多くなる傾向があります。
1000万円と3000万円というとずいぶん差がありますので、「うちの会社って退職金はいくらくらい?」ということは自分で調べておきましょう。人事部に友人がいれば直接聞くのが早いでしょうし、何らかのパンフレット等が用意されている場合もあります。組合が詳しい場合もあります。

また、正社員のメリットとしてたくさんの福利厚生制度があることも無視できません。家賃等の補助金に始まって、育児や介護、医療の補助金をもらえたり、学習費用を一部支給してもらったり、お祝い金がもらえたりと会社によって様々ですが、合計していくとかなりの金額になったりもします。一般に非正規従業員にはこうしたメリットはほとんどありません。

また、正社員の場合、有給が取れるのもうれしいところです。アルバイトも有給の権利をもらえるとはいえ、多くの会社では利用が難しいと思います。特にフルタイム勤務でない場合にこれを利用するのは難しいでしょう。

   ■   ■

正社員と非正規従業員の差は、下手をすれば合計1億円になるかもしれません。正社員のほうがやっぱりトクなんです。パートや契約社員として働いていて「私も正社員と同じ仕事ができる!」と思うことはありませんか? なれるものなら、正社員になってみませんか? 後半(次のページ)からは、正社員になる方法を具体的に考えてみます。

→正社員になる方法は3つある?次ページへ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。