おかげ様で今年もたくさんの方に[Windowsの使い方]サイトを見ていただきました。なかでも大好評なのが「Windows便利ワザ大辞典」。

 今回は、このWindows便利ワザ大辞典のアクセス数を元に、今年(※1月~11月現在)人気のあった便利ワザBEST10 を選出してみました。

 [第10位] 深い階層のフォルダへコピーする

深い階層のフォルダへコピーする
 

便利なのに意外に知られていないのが、フォルダウィンドウのエクスプローラバー。 コピー先のフォルダを開かなくても、簡単にコピーできます。ファイル整理には必須の便利ワザです。

 

[第9位] デスクトップアイコンを隠す

デスクトップアイコンを隠す
 
アプリを簡単に起動できたり、お気に入りのWebサイトに直行できたりと便利なので、ついついデスクトップにたくさんのショートカットを作成しがちです。

 しかし、デスクトップがショートカットで溢れると格好悪いばかりでなく、壁紙が楽しめない、起動が遅くなるなどの副作用があります。

Windows XPでは、デスクトップアイコンを非表示にできます。デスクトップをスッキリさせたいときは、思い出してください。
 

 [第8位] オートコンプリート機能の設定

オートコンプリート機能の設定
 
オートコンプリートとは、最近入力した情報を記録しておいて、次にユーザーが入力した際に内容を予測して、入力を補助する機能です。

Web サイトのURL、フォームの情報、検索クエリなどが対象になります。 入力を効率的にする大変便利な機能なのですが、個人情報が漏れてしまうという危険もあります。オートコンプリート履歴をクリアする方法も同時にマスターしてください。
 

[第7位] タイプ別にアイコンを変更する

タイプ別にアイコンを変更する
 

仕事に行き詰まったら、気分一新。アイコンのデザインを変えてみましょう。こんなことから、新しいアイデアが浮かんでくるかも知れません。

アプリに付属しているアイコンのほか、お気に入りのアイコンをインターネットで見つけることもできます。
 

[第6位] フォルダをツールバーにする

フォルダをツールバーにする
 

フォルダがツールバーになる…… て知ってました? ちょっとしたアプリ起動ランチャーとして使えます。

アプリのショートカットのほか、[マイドキュメント]、[コントロールパネル]などのショートカットも登録すると、より活用できます。

 

続いて第5位から第1位の発表です >>