スクリーンショットは便利な機能

パソコンに表示されている画面をそのまま保存できるのが、スクリーンショットという機能です。Windows 7でもこの機能が搭載されています。
スクリーンショット

スクリーンショット


インターネットの検索結果等を保存するのに便利なこの機能ですが、パソコンと言えばノートパソコンを指す今、思わぬ事でつまづく方が多いようです。

そこで今回は良くあるつまづきの理由を紹介しながら、Windows 7でのスクリーンショットの撮り方について紹介します。

基本は「PrintScreen」

Windows 7でスクリーンショットを撮るには、以下の2つの操作をします。

「PrintScreen(プリントスクリーン)」キーで画面表示内容を取得
・「ペイント」等を立ち上げ、取得結果を貼り付ける。

ただし小さなキーボードのパソコン、特にノートパソコンでは「PrintScreen」キーが見つけられない場合があるのです。

まず、「PrintScreen」キーは省略された形で記述されているものがほとんどです。私のパソコンでも「PrtSc」と省略されています。
PrintScreenキー

PrintScreenキー


また、キーが少ないノートパソコンではファンクションキー(fn)キーと同時に押すことで「PrintScreen」キーとして機能するものが多くなっています。
fnキー

キーが少ないキーボードではfnキーと組み合わせて有効になるキーがある。

InsertキーとPrintScreenキー

このキーボードの場合、InsertキーにPrintScreenキーが共有されている。


もしスクリーンショットが撮れない場合、どのキーを押すと「PrintScreen」キーになるのかをパソコンの説明書で確認しておきましょう。

画面表示内容を取得した後、ペイント等の画像編集ソフトを開いて「貼り付け」を選び、そのまま保存します。こちらの方法については先に紹介した「Windowsのスクリーンショットの撮り方」にある、「アクティブ ウィンドウのスクリーンショットを撮る」を参考にしてください。

トリミングしてスクリーンショットを撮る方法

表示されている画面の中で、一部だけ保存したい場合もあるでしょう。画像として保存した後にトリミングする方法もありますが、ここでは一部分のみスクリーンショットを撮る方法を説明します。

Windows 7では「PrintScreen」キーと「Alt」キーを同時に押すことで、今表示しているウィンドウのみをスクリーンショットで撮ることが出来ます。先ほどと同様に、「fn」キー同時押しで「PrintScreen」キーになるパソコンの場合、「PrintScreen」キー「fn」キー「Alt」キーの3つを同時に押します。
Altキー

Altキーと同時押しでウィンドウ単位になる。


例えばwebページの内容をスクリーンショットする場合、取得したい内容のみになるようにウィンドウの大きさを調整し、「PrintScreen」キーと「Alt」キーを同時に押します。するとこのようにウィンドウの内容のみがスクリーンショットとして保存されます。

一部をスクリーンショットしたい画面

一部をスクリーンショットしたい画面はウィンドウだけ取ることが出来る。


一部をスクリーンショットしたい画面

ウィンドウのみのスクリーンショット結果。綺麗に切り取れている。 

このウィンドウ単位のスクリーンショットは便利なので、是非使ってみてください。

便利なスクリーンショットの撮り方

全ての画面やウィンドウ単位でなく、もっと自由な範囲や形でスクリーンショットをとることもできます。

Snipping Toolという機能を使うと、フリーハンドや四角形での範囲の指定、ウィンドウや画面全体などさまざまな形式でパソコン上の画面を範囲選択して保存することができます。

Snipping toolではこのように画面の一部だけを切り取ることが出来る。

Snipping toolではこのように画面の一部だけを切り取ることが出来る。


こちらの使い方については、「Windowsのスクリーンショットの撮り方」にある「Snipping Toolで画面を切り取る」を参考にしてください。


■関連記事
Windowsのスクリーンショットの撮り方
Windows 8/10でスクリーンショットを撮る方法