<Index>

  1. おもな特徴
  2. 制限事項
  3. バックアップする
  4. 復元する
  5. 使ってみて

お試しゲームやユーティリティなど、手当たり次第にいろんなソフトをインストールしていると、Windowsの起動が遅くなったり、エラーが表示されるようになることがある。

また、便利な機能をサポートしているように見せかけて、個人情報を盗んだり、特定のWebサイトへ誘導するなどの悪意あるプログラムも存在する。これらのプログラムはウイルス対策ソフトでも検出されない場合が多く、除去も困難である。

Windows XPには[システムの復元]ツールが用意されているが、すべてのトラブルには対応できない。次の手段としてWindowsの再インストールもあるが、その手間と時間を考えると頭が痛い。

Windowsの再インストール自体は何とか我慢できても、その後にアプリやデバイスドライバの再インストールを最初からしなければならないと思うと、憂鬱になる。

Windowsが不調になったとき一番確実に元の状態に戻す方法は、調子が良かった時のハードディスクのイメージをバックアップしておいて、それを復元することである。

それは分かっているのだが、バックアップソフトの値段やバックアップにかかる時間を考えると、導入をためらっている方も多いと思う。今回は、「Windows が壊れても数分で元通り」というソースネクストが販売しているバックアップソフト『Acronis TrueImage Personal』をレポートする。

 おもな特徴 <Indexに戻る>

この製品には、いろいろな先進テクノロジーが集約されているのだが、私が特に気に入ったものを挙げてみる。

  1. 低価格

まず驚かされるのは、その価格である。税込みで1,980円。この種のバックアップソフトとしては、破格である。

バックアップソフトは重要なデータを取り扱うので、「この価格のソフトで大丈夫だろうか?」と不安になる方もいらっしゃると思う。しかし、開発元のAcronis社は、アメリカ、ヨーロッパ、およびアジアに拠点を持ち、この分野におけるテクノロジーリーダーとして定評のある会社なので、低価格だからといって心配する必要はないだろう。

ただし、低価格ゆえの制限事項もあるので、購入にあたっては仕様を十分検討してほしい。

  2. 作業をしながらバックアップできる

従来のソフトは、Windowsを停止させてDOSモードでバックアップしていたが、本製品ではWindows上で通常作業をしながらバックアップできる。インターネットしながらでも、バックアップできるのはありがたい。

  3. Windowsが起動しなくても復元できる

Windowsが起動しなくなった場合は、製品CDから起動させて復元が可能だ。また、起動用CDの作成もできる。

  4.  分かりやすいユーザーインターフェース

ウィザード形式の親しみやすいユーザーインターフェイスなので、ディスクの状況やファイルの選択などを画面上で簡単に設定できる。

制限事項やバックアップ方法は次ページ >>