『Windows には拡大鏡がついている』  <Indexに戻る>

本来、Windowsの拡大鏡は視覚に障害がある方に基本的な画面拡大機能を提供するために設計された大変有意義なユーティリティです。とても役に立つものですが、拡大鏡というネーミングが意外だったので採用しました。

拡大鏡は、起動も容易なので、ちょっと細かい文字を見るのが辛いと感じた時に重宝します。

まず、キーボードにある[Windows]キーを押しながら[U]キーを押します。すると、[ユーティリティマネージャ] が起動します。

[開始]ボタンをクリックすると、デスクトップが上下に分かれます。上の部分が拡大鏡です。拡大鏡ウィンドウはドラッグすると移動できます。

マウスポインタで拡大したい部分を指定すると、拡大鏡ウィンドウに文字や図形が拡大されて表示されます。

[拡大鏡の設定]ダイアログボックスで、[拡大率]、[拡大の対象]などを設定できます。


あす職場で 自慢できる「知識」は見つかったでしょうか? 「自分にも面白い知識がある!」と腕に覚えがある方も多いと思います。

皆さまの、『役に立ちそうもないけど、面白く意外性のあるWindowsの知識』を教えてください。私を「へぇー」と唸らせた方には、拙著「Windows XP機能引きハンドブック」をプレゼントさせて頂きます。

 

  応募先 「面白く意外性のある知識」募集係  
  同じ「知識」があった場合は、先着の方を有効とさせて頂きます。  
  送って頂いた「知識」は記事・メルマガの中で使われることがありますので、予めご了承ください。  

【関連ガイドサイト】 ノートパソコン デスクトップパソコン

●参考 ガイド記事

大好評! Windows メールマガジン(無料)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。