ノートパソコンならば、fn キーの役割も覚えておこう

もともとWindowsしか使った事がないひとがMacを使ってテキストを入力するとき、「Deleteキー がない」と文句をいうことが多い。
iMacやMac Proに付属するフルサイズのキーボードには、このDeleteキーに該当するキーはあるのだが、MacBookやMacBook Proのキーボードにはない。しかし、実際には「fn + delete」を押せばDeleteキー(カーソルの右側の文字を削除)と同じ操作が可能なので、覚えておこう。
fn_key.jpg
fn キーを押しながら矢印キーを押すと、page up/page down/home/end のスクロールが可能になる。ノートパソコン型Macのキーボードに小さい文字で刻印されているものを動かすときは、fn キーを押しながら操作すると覚えておこう

return と enter の違いを知る

Macのキーボードでは、Windows用PCにおけるEnterキーが「return」「enter」という2種類の表記になっている。基本的な動作は同じだが、特定のアプリケーションでは異なる意味を持つので覚えておこう。

●return と enter の使い分けの例
アプリケーション 動作の違いや特殊な操作 補足
Adobe Photoshop系全般 文字枠編集中に return で文字枠内の改行。enter で文字枠の確定  
Word / Pages /egword Universal 2など command + enter で改ページの挿入 command + return では何も機能しないので注意
Pages 表のセル編集での改行入力は return 、enter でセルの確定 セル選択状態でreturn または enter を押すとセルの編集開始
スクリプトエディタ return は改行入力。enter は構文チェックの実行  
Mac OS X全般 複数行入力可能なダイアログで、デフォルトボタンがある場合、「return」 が改行の挿入、「enter」 (またはcommand + enter)がダイアログの確定 これは Windows での Alt + Enterに該当する操作であり、動作しない場合はアプリ側の問題だ



【関連情報】
アップル - Mac OS X
Mac OS の使い方(from All About)
アップル - Macをはじめよう
いまさら聞けないMacのキホン(from All About)
美しいソフトウェア(from All About)
いざというときに便利なソフトウェア(from All About)
Macでしか動かないソフトウェア(from All About)
文字化けを未然に防ぐ(from All About)
MacとWindowsを上手に使い分ける(from All About)

→All About「Mac OS の使い方」トップページへ
→その他の記事はこちら





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。