3 塩川源泉       
 台風後で水量が増えていた。塩分は感じられない大量の川の水。しかし雨後の茶色い褐色で存在感はあった。翌年再度訪れると透明な塩水になっていた。



塩川1
まさに茶色の川








名護のとなりにある本部町にある天然湧出泉。海岸より150m内陸から湧出し、海に注いでいる。大雨のあとで塩味は薄く茶褐色に濁っていた。この川は湧出量と塩分濃度が逆比例すると案内板に書かれているので、伏流水と海水が混在しているのであろうと推測した。

塩川2
湧出口近くですでにこの湯量








2箇所の岩より大量に湧出しそこから川となって海に注いでいた。茶色濁り、微塩味、無臭と観察した。ちょうど腰くらいの深さの川で数箇所入浴した。

塩川3
翌年行くと透明になっていた









国指定天然記念物の温泉または湧出泉はここぐらいであろう。富山県の小川温泉の洞窟露天風呂が町指定天然記念物であるくらいで、ほかには思いつかない。





※この記事に書かれている情報は2004年9月時点のものです。ご利用の際には最新情報をご確認ください。


*鹿児島特集*
  • 吉松温泉,つつは温泉,京町温泉郷,えびの温泉 黒川温泉と日奈久、吉松温泉5
  • 霧島周辺共同湯 霧島周辺と人吉の温泉4
  • 口永良部島+1 口永良部島と屋久島の温泉1
  • 大隅半島の秘湯、驚異の重曹泉や鉄鉱泉 鹿児島と宮崎の湯3 
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。