兵庫の秘湯、4選



兵庫県の山中にある温泉施設で比較的有名でないところを廻った。西脇温泉、丹治温泉、黒川温泉、笠形温泉のレポート。


 

 1 西脇温泉  西脇健康ランド    循環  
塩苦味強い、やしろ夢園と同系の土類塩化物泉



西脇1
コンクリートの高層ホテル








西脇市街地の国道沿いにある温泉。大きなホテルと健康ランド風の立派な大きな施設である。入浴料も2000円と言うサウナ系の料金である。天然温泉と明記されており多種の浴槽のうち露天風呂のみが温泉である。

西脇2
オーバーフローの露天風呂








26.2度の塩化土類泉(CaNa-Cl)で苦味の効いた源泉である。露天風呂は源泉を入れながら加熱循環している。オ-バーフローは少なく、ほとんど循環といっても良い使い方である。源泉では透明、苦い塩味、弱い源泉臭あり。と記録した。

 

2  丹治温泉   春蘭荘
   個性無し 加熱オ-バーフロー    
  



丹治1
簡素な外観








西脇市の北にある加美町にある温泉。国道427号線をずいぶんと山中に進んだ山の多い町である。丘の上にある小さな老人福祉センターである。源泉が2本あると思われ、掲示されている2号泉は18.8度の規定泉で、毎分3.17リットルと言う少ないものである。5.75マッへによる放射能で規定である。

丹治2
オーバーフローの多い内湯








しかし浴槽に行くとかなりのオ-バーフローである。1号泉の湯量があるか、または加水であろう、循環も併用しているがかなりオ-バーフローしている。透明、無味、無臭で個性はほとんど無い。

次に続く