キャンプの本格シーズンがやってきました!「GWにキャンプに行く!」という方も多いと思います。
また、ハイキングやウォーキング、自然散策など、アウトドアに出かけて遊ぶ予定を立てている方もたくさんいるはずです。
そんな中でこんな風に思っている方はいませんか?
「フィールド遊びは好きなんだけど、虫が苦手で・・・。」

いくら嫌いでも虫がいないフィールドはほとんどありませんので、万全な虫対策が必要です。
そこで今回は虫対策に便利で使えるグッズを集めてみました。ぜひこれらを持ってフィールドにお出かけください。

ガイドおすすめのショップサイトにもリンクしていますので即購入可能です!

ポイズンリムーバー(便利度A)

毒を持つ虫に刺されたときや毒蛇にかまれた時に、毒針や毒液を吸引する道具です。この道具が無い場合は口で吸うしかありません。口の吸引力だと毒液を体内に多く残してしまうことがあります。そんなときにこの道具があると大変便利。毒をもった虫などに刺された時はいかに早く対策を取れるかが重要です。
刺された時にすぐに応急措置が取れるので常に携行することをおすすめします。毒を持つ虫に刺されたあとはなるべく早く医師の診断を受けることを忘れずに!

⇒ショップページへ

虫除けスプレー(便利度A)

虫嫌いな方はゼッタイ持って行きたいグッズ。虫除けスプレーをかけている方が多いフィールドで自分だけかけていないと、虫たちの格好の標的となってしまいます。「コイツは嫌なにおいがしないぞ!」と虫たちに思われてしまったらずっと追いかけ回されてしまいます。防虫スプレーは一度だけでなく定期的に、虫が多いときには頻繁にかけると、より効果が増します。

⇒ショップページへ

虫除けネット(便利度B)

せっかく取ったキャンプの陣地にブヨ・アブ・蚊の大群が押し寄せてしまうこともあります。キャンプ地を移動するわけにも行かないし、調理などの作業中にまとわりつかれると本当に困ります。そんなときは、このグッズで直接まとわりつくのを防ぐことができます。アウトドア好きな方たちも、これだけは苦手という方が多い虫の大群の襲来。このグッズを持っていれば心から恐れることは減るはずです。

⇒ショップページへ

蚊取り線香・蚊取り器(便利度B)

家庭でもおなじみの蚊取り線香をフィールドにも持参しましょう。特にアウトドア用の吊り下げ式蚊取り線香ケースは大変便利です。いつも腰に下げていれば蚊が襲ってくる確率はぐっと下がります。

⇒ショップページへ