現在ETCを装着していない人にもプレゼントあり


現在ETCを装着していない人へのキャンペーンだってある。9月20日まで行われているのが、東/中/西日本高速道路に加え、首都高速、阪神高速、本四高速の6事業者による「ETCスイスイSUMMERキャンペーン」。これは、2006年8月1日以降の日付が記載された領収書または利用証明書5枚以上(合計金額2000円以上)を応募用紙と共に送ると、抽選で全国3000名にETC車載器購入クーポン券1万2000円分が当たるというもの。抽選だから必ずメリットがあるわけじゃないけれど、とりあえず送っておこう。送られるのはJCBギフトカードだから、当選かどうか分かる前にETCを導入しても無駄にはならないはずだ。

■ETC総合情報ポータルサイト
ETCについての基礎知識、最新情報、各種の割引情報なども。

■ETCを使って節約ドライブをしよう!
ETCのプロとも言えるカーディーラーの担当者が教える活用術。個人サイトですがほんとによく調べて、分かりやすくまとめられていて頭が下がります。裏技なんかもあったりして。

実施中のスマートICについても知っておこう

双葉SAスマートIC
中央道双葉SAのスマートIC。こちらは6時から22時まで。ただし長野方面からは使えない。

割引やプレゼント以外でのETCのメリットといえば、スマートICが利用できること。スマートICとは、ETC装着車限定で利用できる、SAやPAに設置された出入口のこと。すでに見かけた人も多いだろう。ただ、これはあくまで社会実験ということで、恒久的に設置されているものではないから、ドライブマップにも載っていないし、カーナビでも案内はしてくれない。「知っている人だけ」が積極的に利用できるというわけで、場所によっては渋滞をパスする強い味方になってくれるはずだ。ドライブに出かけるときには現在どこのスマートICが、どの方向で、どの時間帯に利用できるのかチェックしておくといい。9月30日までの限定という場所がかなりあるのだ。
詳しくはドラなび内のETC情報からスマートIC社会実験の項目を見てもらいたいけれど、一つの例として、効果的に使えそうなスマートICをいくつか挙げておこう。

■東北道那須高原SA(2007年3月31日まで・東京方面からの出口と東京方面への入口のみ)
那須ICから那須街道方面の渋滞を避けて那須高原へ向かうのに便利。
■関越道三芳PA(2006年9月30日まで・新潟方面への入口と新潟方面からの出口のみ)
所沢やさいたま市方面から関越を利用する場合、川越ICや所沢IC周辺の渋滞をパスできる。三多摩方面のドライバーも活用できるはず。
■関越道駒寄PA(2006年9月30日まで・全方向)
前橋・伊香保・榛名方面への抜け道に使えそう。
■上信越道小布施PA(2006年9月30日まで・全方向)
小布施観光に行くならここが最短距離。
■中央道双葉SA(2006年9月30日まで・東京方面からの出口と東京方面への入口のみ)
東京方面から昇仙峡へ遊びに行くには一番早道。甲府市内の渋滞もパスできる。ただ9月いっぱいというのは紅葉には時期的にギリギリ早すぎるかも。
■東名富士川SA(2007年3月31日までの予定・両方向からの出口と、東京方面への入口)
富士宮へ焼きそばを食べに行くときの裏道に使えそう。富士川沿いに山梨方面へさかのぼっていくドライブにも便利だ。

気を付けなくちゃ行けないのは、スマートICは24時間営業じゃないってこと。早いところでは19時までしか使えなかったりする。たいていの場合、広い道に直接つながってるわけじゃないから、近隣の迷惑を考えると仕方ないことかも。使える時間を確認して、また降りたら気持ちを切り替えて、他のクルマや歩行者に注意して走ろう。


■ETCを使って節約ドライブをしよう!のリンクを貼り忘れておりましたので修正しました。指摘していただけた読者の方、ありがとうございました。またサイト作者の方、失礼致しました。(2006.09.05)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。