先日、白馬ドライブに行ってきました。ルートは長野駅をスタートし、国道19号を西へ。しばらく走ったあと白馬長野道路に入り、しばらく走行。と、いつのまにかその有料道路は終わっており気づかないうちに一般道へ。そのまま走っていると自然に県道31号線の長野大町線になり、それをさらに西に。いい雰囲気を出している温泉ランド、「ほかほかランド美麻」を横目で眺めつつ北西へ進路をとり、そのまま国道148号線に合流し、白馬まで、というルートです。

この国道148号線、白馬から北にずっと走ると小一時間ほどで日本海。東京で生活している人間には、日本海か……とちょっと感慨に浸るものもあります。そしてもっと感激するのは、長野オリンピックのジャンプ台が道のすぐそばにあること。さすがに雪が積もっていないと雰囲気はいまひとつですが、それでも大きくそびえ立つ台には、ここから飛ぶのかと、感激モノです。

148号線から少しわきにそれて八方や栂池の方に走ってみると、コスモスが道路脇に咲いていたり、木々が風に揺れていたり、遠くの方にアルプスの山々が見えたりと素敵な景色に出会えます。私は国道をひたすら突っ走るよりも、こうしてちょっと、なんでもない脇道に入っていって、素朴な景色を探すのが好きなんです。時間があればどんどん脇道に入っていって、ナビがないころはずいぶん迷ったり心細い思いをしたこともありますが。それでも「自分だけの宝物」のような景色に出会えたときは嬉しくなります。

長野までクルマで行くのもいいですが、新幹線などを使ってそこからレンタカーという方法もあります。雪が降る前の秋を楽しんでみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。