乗ってみる。アクティブトップは電動ゆえに、わずか指いっぽんでぐい~んと動き、トランクスペースに格納される。こんなに気楽にオープンになって申し訳ないくらいだ。オープン状態で周囲を見渡すと、ボディがどこからどこまであるか、手にとるように、いや、本当に手で触れられるほどに近く感じる。このクルマとの一体感。軽自動車ならではである。

走らせてみるとこれが速い。いや、実測でポルシェなんかと勝負ができるとは言わない。しかし、加速感。風をきっていく爽快感は、速度計が示す数字とは違う次元の話。特にスポーツ・パックで装着できるスペシャルチューンドサスペンション、これがめっちゃ楽しい。「いや~、私、サスペンションなんてわからないから」と尻込みしているお嬢さん。大丈夫、きっとアナタにもわかります。コーナリングどうこう以前の話なのだから。

アクセルを踏むと、クルマがそのまま前に出ていく感じ。そう、あの「どっこいしょ」とばかりにボディが一度、後ろに沈み込んでそれから前に出るというのではなく、そのままパンっと加速していくのである。これは気持ちいい。まさに手足となって走る感触はたまりません。

オプションパーツをふんだんに装着して、オリジナルカーを作るもよし、シンプルに仕上げて走り込むもよし。クルマというよりひとつのオモチャ感覚で遊べるコペンは、この夏のイチオシなのである。

ダイハツのホームページはこちらから
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。