ドラマ俳優・人気No.1に輝いたミンダオが今、熱い!

カエルになった王子様
『王子變青蛙~カエルになった王子様』シャン・ジュンハオ役の明道(ミンダオ)   
ミンダオ(明道)は、台湾で高視聴率を得た『カエルになった王子様』や『ラブスタイリスト』、『天国のウェディングドレス』で主演を演じた、今最も「旬」な俳優のひとり。180cmの長身に精悍なボディ、艶めく瞳……と恵まれたルックスだけではなく、演技にも定評があり、瞬く間に台湾ドラマ界の大スターに! 今年行われた台湾ドラマ俳優の人気投票では、それまで1、2位だったJVKVのジェリーとヴィックを負かして1位に輝きました。

彼が所属している「183(イーバーサン)club」は、逞しさとカッコ良さを兼ね備えた男性4人のイケメンユニットで、ポストF4と言う声もあるほどの注目株。今後の活躍が期待されています。

それぞれの『温度』を持つアイドル、飛輪海に期待大!

飛輪海
今年発売された写真集のサイン会ではアジア中からファンが台湾に押しかけて、彼らは8時間もの間休まずサインをし続けたのだそう。
飛輪海(フェイルンハイ)』は、4人組アイドルグループ。メンバーは辰亦儒(ケルビン)、汪東城(ジロー)、呉尊(ウーズン)、炎亞綸(アーロン)で、『華氏温度』の英語表記・Fahrenheit(ファーレンハイト)の音を中国語表記にした「飛輪海(フェイルンハイ)」がグループ名となりました。ファーストアルバムは発売後、わずか一週間で台湾の超人気アーティスト周杰倫(ジェイ・チョウ)を破って1位を獲得し、大ヒットを記録しました。

ウーズン
『東京ジュリエット』姫宮 亮役の呉尊(ウーズン)   
数々のドラマやバラエティー番組に出演している彼らですが、その中でもウーズンは2006年6月『東方茱麗葉』(原作「東京ジュリエット」)で初主演を好演し、評判に。続いて2006年11月『花様少年少女』(原作「花ざかりの君たちへ」)の佐野泉役にウーズン、中津秀一役にジローが抜擢されました。そしてこのドラマが2006年度の台湾ドラマ視聴率No.1を記録するほどの大ブームに!

その後もドラマのオファーが続く飛輪海。現在、台湾ではドラマ合戦の真っ最中。常に視聴率が注目されていますが、今期スタートしたばかりのウーズン主演『公主小妹』(原作「ろまんす五段活用」)が早々と視聴率1位を獲得しており、台湾のドラマキングであるJVKVのヴィック、ミンダオを追い越す勢いです。もちろん本業の「歌」のほうも4人の息がぴったり合って素敵。甘いラブソングから情熱的な歌まで魅力たっぷりです。11月には日本版写真集「Fahrenheit first」の発売や、日本CDデビューが決まっており、それと共に来日も決定しています。今後の飛輪海から目が離せません!

  • 飛輪海日本公式サイトhttp://FRHj.TV/


  • 次ページでは、台北でロケ地巡りとJVKVイベントについてご紹介します!