「イギリスの料理はマズイ」という世界の常識が、大きく変わり始めています。ロンドンを中心としたイギリスは今、グルメのホット・スポット! 今回は、ロンドンの誇る「本当に美味しい」レストランをドーンとご紹介します!

【記事INDEX】
  • ミシュラン1つ星の正統派「リンゼイ・ハウス」……P.1

  • 変わり種、だけど味は保証付き「セント・ジョン」……P.2

  • 隠れ家風会員制レストラン「アダム・ストリート」……P.3

  • 目からウロコ!の高級インド料理「ベナレス」……P.4



ミシュラン1つ星の正統派「リンゼイ・ハウス」

リンゼイ・ハウス外観
まるで個人宅のような、シックな外観のリンゼイ・ハウス。完璧なお料理とサービスが、あなたを待っています!
アイルランド人シェフ、リチャード・コリガンが腕を振るうのが、ロンドンの繁華街ソーホーにある「リンゼイ・ハウス」です。昔の邸宅を改装したこのレストランは、うっかりすれば通り過ぎてしまうくらいの、控えめなたたずまい。中に一歩入ると、まるで友人宅に招かれたような温かさと落ち着きで、にぎやかなソーホーにいるのを忘れてしまうくらいです。

さて、こちらのお料理は伝統的イギリス料理にアイルランドやヨーロッパ大陸のエッセンスを加えた「モダン・ブリティッシュ」。シカや山鳥などの狩猟系食材や新鮮な魚介類を、上品にアレンジして食べさせてくれます。一番の人気は、シェフのオススメでもあるウサギです。臭みがなく柔らかで、火の通りもパーフェクト! まさに夢心地の美味しさですよ。メニューに見つけたら、ぜひ試してみてくださいね。

ロンドン
ダイニングのインテリアも、シックな英国風。ゆったりくつろいでお料理を堪能できる空間です
コリガン氏の世界を存分に堪能したいなら、ディナータイムがオススメです。ディナーのお値段は、前菜・メイン・デザートの3コースで56ポンド。飲み物やサービス・チャージなども含めると、1人70ポンドからが予算の目安です。お手軽にリンゼイ・ハウスを体験するなら、3コースで27ポンドのセットランチをどうぞ。メニューの選択肢はグっと狭まりますが、レストランの雰囲気とお料理の素晴らしさを感じるには十分です。

堅苦しいドレス・コードを気にする必要はありませんが、高級レストランなので、こぎれいで上品な服装とマナーを心がけてくださいね。

<DATA>
リンゼイ・ハウス (Lindsay House)
所在地: 21 Romilly Street, London, W1D 5AF
最寄り駅: レスター・スクエア (Leicester Square)
営業時間: 月~金曜 12:00~14:30 & 18:00~23:00
予算: ランチ 45ポンド~、ディナー 70ポンド~
ドレス・コード: スマート

>>次のページでは、意外なメニューが大人気の、ユニークなレストランをご紹介します。