文章:吉田 摩弥(All About「ロンドンで暮らす」旧ガイド)

ロンドンに、『スゴイ』スーパーマーケットが上陸しました! 何がスゴイって、本国アメリカでは、「このスーパーができると、近所の家賃が上がる」と言われている、セレブ御用達のスーパーなのです。

一般オープン前には、招待客限定のオープニング・パーティーまで開かれるセレブっぷり。スーパーなのに……。

近所の家賃を上げちゃうスーパーって、いったいどんなの?! 早速見に行ってきました。

【INDEX】
  • セレブな街の、セレブなスーパー
  • 地下:普通のスーパーを超越した楽しさ!マーケット・ホール
  • 地上階:驚きのお値段! めくるめくセレブな巨大お惣菜売り場
  • 1階:フード・コートでオーガニック・フードのハシゴ?!

    セレブな街の、セレブなスーパー

    店舗外観
    元デパートだった建物のショーウインドウを活かしたディスプレイ
    この、ウワサのスーパーとは、オーガニック商品を扱う「ホール・フーズ・マーケット(Whole Foods Market)」。6月6日、ロンドン西部のケンジントン地区にオープンしました。故ダイアナ皇太子妃の住まいだったケンジントン宮殿からは目と鼻の先、というセレブなロケーションです。そんなワケで、ご近所はもともと家賃はお高めのエリア。このスーパーの影響で更に家賃が上がったら、どーなっちゃうの?なんて要らぬ心配をしながら、オープン初日の様子を覗いてきました。

    もともとデパートだった場所に開店したホール・フーズ・マーケットは、3フロアにわたる「オーガニックの殿堂」。地上階と地下には、食品はもちろん、化粧品や衣類を扱う売り場があり、1階はオーガニック食材を使ったお料理が食べられる、フード・コートになっています。

    ちょうど仕事帰り、夕食前の混雑する時間帯ということもあり、店内は人、人、人の大盛況! 事前のPR効果はモチロンですが、昨今のオーガニック食品ブームが後押ししているのは間違いありません。ロンドンのオーガニック食品市場は10億ポンド(約2400億円)。ヨーロッパ最大の規模と言われているのです。「オーガニック」と言われれば、ちょっとお値段が高くても売れてしまうのが、今のロンドンなのです。

    >>次のページでは早速、店内を紹介します。このセレブっぷり、アナタも体験してみて!