文章:吉田 摩弥(All About「ロンドンで暮らす」旧ガイド)

命がけでセレブのスクープ写真を狙う男たち……それが「パパラッチ」。そんなにまでしてスクープを狙う理由はズバリ、「たった一枚で大儲けできるかもしれない」からです。

王室ネタを筆頭に、セレブのゴシップが大~好きなイギリスメディアは、そんなパパラッチの大のお得意様です。写真一枚、いくらで売れるの? という素朴なギモンから、もしかしてアナタにもチャンスが?!というオイシイ情報まで。スクープ写真にまつわるアレコレをお話しましょう。

【Index】
  • イギリスメディアとパパラッチ
  • 写真一枚のお値段は……?
  • パパラッチに大打撃を与えた、「あの出来事」
  • あなたも一枚の写真で、一攫千金!……かも?

    イギリスメディアとパパラッチ

    大衆紙
    セレブのゴシップが満載の大衆紙
    イギリス人はゴシップが大好き。そんなイギリス人のゴシップ欲を満たしてくれるのが、一般にタブロイド(tabloid)と呼ばれる大衆紙と週刊のゴシップ誌です。タブロイドはマジメな政治経済ネタも扱うけれど、平易な言葉遣いで身近な話題が中心。芸能・スポーツ関連のネタが充実していて、日本のスポーツ紙のようなものです。このタブロイドや週刊誌に欠かせないスクープ写真を提供しているのが、パパラッチなのです。

    典型パパラッチのいでたちは、首から一眼レフを2台ぶら下げて、耳には携帯電話につながるイヤーピース。そしてバイカー・スーツを着ている人も多数。これは被写体が車で移動してもスグに追いかけられるように、バイク移動が多いためです。こんな姿の男性が数人ウロウロしていたら、その近くにセレブがいる証拠。でも、大きなテレビカメラやビデオカメラを持っている人はほとんど見かけません。

    動画のほうが、高く売れそうなものなのに……と私たち日本人は思っていましますが、イギリスでは、日本のワイドショーにあたるテレビ番組がないので、中途半端に動画を撮るよりは、きれいな静止画を一枚撮るほうが確実にお金になるんだそうです。

    スクープ写真を撮るために、高いところに登ったり、全力疾走するのは当たり前。狙った「獲物」が逃げれば、危険もかえりみずに追い続けます。車に轢かれそうになったり、怒ったセレブに殴られてケガすることもしばしばです。

    >>どうしてそこまで? 次のページでは、パパラッチを駆り立てる、スクープ写真一枚のお値段が明らかに!