おすすめ! 第2の湖水地方ともいえる「ピーク地方」

1

ピーク地方に広がる雄大な景色

2

田園風景に癒される

イギリス観光地の定番中の定番といえば、ピーターラビットでお馴染みの湖水地方だと思います。しかし、観光地として地元イギリスで湖水地方に勝るとも劣らない人気を誇るのがピーク地方(Peak District)です。 日本人には意外に知られていない隠れた名所です。ピーク地方(又はピークディストリクト国立公園)は、1951年に英国初の国立公園に認定された場所。アクセスは、マンチェスター、シェフィールといった大都市からが便利。湿原地、渓谷、川、湧水、洞窟といった、大自然の思わず息をのむような絶景は一見の価値ありです。自然の中での静かな休息、癒し、又は、ウォーキング、サイクリング、乗馬といったアドベンチャーの数々、そして、ファーマーズ・マーケット、伝統的なカントリーホテル、可愛らしい村々、歴史ある建築物などなど、楽しみ方はそれぞれですが、年間を通じて数多くの観光客が訪れます。今回は、そんなピーク地方の楽しみ方を紹介します。


絶景に包まれながらハイキング

2

地平線を眺めながら散歩するのは格別

3

「チャッツワース・パーク」の地図を見ながら散歩

ピーク地方のチャッツワース・エステートの中にある「チャッツワース・パーク」は、散歩・ハイキングにおすすめのエリアです。壮大なチャッツワース・ハウスを横目に、羊の群れを眺めながら、吸い込まれんばかりの大空の下、地平線へ向けて歩くのは爽快です。出発点をチャッツワース・ハウスのエントランスとして、のんびり20分程歩くと、中世の面影が残る可愛らしい村、エデンサー(Edensor)に到着します。 エデンサーには19世紀中期に建築されたセント・ピーターズ教会があり内覧できます。
4

カフェ「ティー・コテージ(Tea Cottage)」の外観

6

カフェのスイーツの数々

教会を見学した後は、近くにあるカフェ「ティー・コテージ(Tea Cottage)」でブレイクするのはいかがでしょうか。フードやスイーツは全てホームメイドで食材はチャッツワース・エステート産というこだわり。朝食、昼食、そしてアフタヌーンティーまで、英国カントリーサイドでの素朴だけど優雅なティータイムを満喫できそうです。

〈DATA〉
エデンサー・ティー・コテージ(EDENSOR TEA COTTAGE)
営業時間:月~金 午前10時~午後4時半 土日 午前9時~午後5時
電話番号:01246-582315
その他:フリーWifi完備