老舗カフェ『コヴァ』で
本場ミラノの味を満喫


店内
香港に進出して15年、またひとつ新しい支店が誕生しました
1871年に開店した、イタリア・ミラノの老舗カフェ『コヴァ(COVA)』。そのアジア初の支店が香港にオープンして、早15年が経ちました。ミラノ本店から受け継いだ、伝統のレシピそのままのケーキやジェラートはどれも絶品。新鮮な素材を使った上品な甘さで、15年経ったいまも香港の人々を魅了しています。

とくにコヴァの客層で多いのは、マダムやセレブといった富裕層。パシフィック・プレイスのコヴァに行くと、いかにもセレブ風の人が多いので驚きます。きっと、ここで優雅なアフタヌーンティーを堪能しているのでしょう。

ブランドの味はそのままに
カジュアルなカフェ誕生


そんなセレブ御用達のコヴァが、1月中旬、コーズウェイベイに新しいカジュアルなカフェをオープンさせました。九龍塘のフェスティバルウォークにも同様の店がありますが、香港島サイドではここだけ。他の支店に比べて20席とこじんまりしたつくりですが、本店と変わらないコヴァブランドの味を継承しています。カジュアルなスペースながら、魅力あるアフタヌーンティーや、夜のデザートブッフェなどが堪能できるでしょう。

店舗外観
店内で食べるだけでなく、持ち帰りもOK
朝は8時からオープンし、サンドイッチとコーヒーのメニューを中心に展開。朝からコヴァの雰囲気を気軽に味わえるとは、うれしい限りです。ランチは、パニーニやフォカッチャなどのイタリアンサンドイッチと、ジェラート、コーヒーが付くセットがHK$78から。そして、平日は午後3時から、ケーキとコーヒーのセット(HK$108)や、8品のスイーツと8品のミニサンドイッチなどがついたハイティー(ひとりHK$108、二人でHK$198)などを提供しています。


ダイエット中の方は要注意!? COVAの絶品メニューは次ページで!>>