お祝いムード満点!
香港で迎える旧正月


旧正月のディスプレイ用品
旧正月が近づくと、さまざまなディスプレイグッズが登場します
日本はすでに新年を迎えましたが、旧暦の新年を祝う香港は、これからがお祭り本番(ちなみに、今年の元旦は2月7日(木))。街は急ピッチで旧正月のお化粧が進み、店先には赤や金色のランタンなどが飾られたり、桃の花がディスプレーされたりと、とても華やか。レストランなどでは“忘年会”をする人たちで賑わっています。


黄大仙
初詣に訪れた人々で賑わう黄大仙
香港人の旧正月の過ごし方はというと、大晦日は花市へ出かけたり、友人や家族と集まって食事をするのが一般的。元旦は、それぞれの親戚の家を行き来して、マージャンをしたり、旧正月のお菓子を食べたりと、慌ただしく1日が過ぎていきます(香港は小さいので、1日に何軒も訪問することができるのです)。日本のお正月のように、お笑い番組を見ながらコタツでのんびり、という感じではありません。また、初詣に行く人も多く、ウォンタイシン(黄大仙廟)などの寺院では、1年の幸運を祈願する人であふれかえります。


縁起がよさそうな
香港のお正月グッズ


店先では、旧正月に向けてさまざまなグッズやお菓子を販売していますので、この時期ならではの旧正月グッズを探して、お土産にしてみるのもいいかもしれませんね。
旧正月グッズを売る店の軒先
セントラルにある文房具店「SAM & COMPANY」の店内。旧正月グッズが所狭しと並べられています


旧正月グッズ
カレンダーやグリーティングカードなども充実。お土産にもオススメ。(写真上 ミニカレンダー HK$4.50/下 グリーティングカード HK$25)
お正月グッズは、文房具屋さんやモールの特設会場などで売られています。たとえば、セントラルにある文房具店「SAM & COMPANY」の店先は、真っ赤な旧正月の飾りつけでとても賑やか。店内には、今年の干支であるネズミがモチーフになったオーナメントなど、旧正月グッズが数多く並んでいます。これらを、家の玄関ドアや植木、棚の上、また旧正月近くになると出回る金柑の木(縁起がいいとされる木)などに飾るというわけです。ほかにも、グリーティングカード(香港では旧正月に出します)や卓上カレンダーなど、おめでたい旧正月グッズが盛りだくさん。どれも赤や金色、福の文字などが入った縁起モノで、どこかキッチュな香りがするのも良いところです。


「Anglo Chinese」
「SAM & COMPANY」よりもオシャレなアイテムが多い「Anglo Chinese」
また、「SAM & COMPANY」の並びには、フラワー&インテリアショップの「Anglo Chinese」があります。この店のディスプレーはなかなかお洒落で、品揃えも個性的。他とはひと味違ったグッズが探せるはずです。たとえば、赤い布で作ったネズミのオーナメントは、この店オリジナルの手作り商品。ガラスのネズミが連なったオーナメントも、他ではなかなか見られないものです。グリーティングカードも凝っていて、もらった人も喜びそうなデザイン。こうした店をハシゴしながら、街にあふれる旧正月グッズを探して歩くのも楽しいものですよ!

「Anglo Chinese」の商品
(右写真)「SAM & COMPANY」の店内も旧正月バージョンに/(左上)ガラスのネズミが連なったオーナメント HK$38/(左下)“福”の字があしらわれた、かわいいネズミのオーナメント HK$38



まだまだあります、旧正月だけのスペシャルアイテム!>>