香港の結婚式は、街中のお役所で

写真撮影
絵になる尖沙咀の時計塔をバックにパチリ。
香港公園や尖沙咀のプロムナードで、タキシードやウェディングドレスを着たカップルを見かけたこと、ありませんか?写真撮影している方々ばかりですね。実は彼らは今から結婚するカップル、もしくは結婚式を終えたばかりのカップルなのです。

香港では、婚姻登記処(Marriage Registry)で結婚式を挙げます。婚姻登記処は香港内に6ヶ所ありますが、香港公園や尖沙咀の文化中心にもあるのです。香港でも「通勝(トンセン)」という暦を見て日取りを決めますが、日取りがよい日はやはり人気があり、また1日の登記組数にも制限があるため、希望の登記日をおさえるには徹夜で並んだりと大変だそうです。オンラインを利用することで、昔とは違って少しは楽できるようにもなっているんだとか。香港の結婚式も準備がかなり大変なのですね。


結婚式の時間は、たった15分!?

婚姻登記処
かなりシンプルな結婚式。お役所仕事ですが、スタッフの方々には笑顔あり!
何度か婚姻登記処での結婚式を見せていただいたことがありますが、十数分で終わってしまいます(1組の持ち時間は15分!)。新郎新婦が宣誓し、サイン、指輪交換で終わりとかなりシンプルです。この後が大変で、外に出て撮影大会!ふたりで、親族と一緒に、お友達と一緒に……とまた写真を撮り続けるのです。婚姻登記処近くで目にする写真撮影は、ちょうどこの風景ということになります。


香港の結婚式&披露宴(後編)では香港での披露宴に出席することになったときに役立つ、ご祝儀の額や披露宴の流れについてをご紹介します。


【関連リンク】
  • 香港人との結婚バイブル
  • All About 台湾「台湾で披露宴にお呼ばれされたら!」
  • All About 香港「香港式結婚披露宴 出席報告 前編」(前ガイド記事)
  • All About 香港「香港式結婚披露宴 出席報告 後編」(前ガイド記事)
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。