テンプルストリートでディープな香港を体験しよう

テンプルストリートの目印である鳥居

ネイザンロードから数本入ったところにある鳥居

香港のマーケットショッピングというと通称女人街が有名ですが、もっとディープな香港を体験したい人におすすめなのは通称男人街(広東語でナンヤンガーイ)のテンプルストリートマーケット。女人街がハンドバッグや靴など女性向けのものを多く売っているのに対し、ヘッドフォンやTシャツなど男性向けのものを扱う露店が多いためこの名前がつきました。

マーケットはネイザンロードに平行して南北に延びているため、MTR油麻地から南下するか、MTR佐敦から北上することもできます。テンプルストリートの由来はマーケットの真ん中にある天后ミュウ(お寺)。木が茂ってうっそうとした公園は神秘的な雰囲気が漂い、日中はシャンチーとよばれる中国将棋を楽しむ地元老人の集いの場となっています。

お土産が見つかる!露店でショッピング

箱に入っているので持ち帰りに安心

欧米人に人気のカラフルな食器

露店のセットアップがはじまるのは夕方17時ごろ。店によってオープンする時間はまちまちですが、18時ごろになるとほとんどの店が営業開始。男人街といわれていますが、女性向けのバッグやアクセサリーもあり、女性が行ってもじゅうぶん楽しめます。

買う時は値段の交渉もお忘れなく。開店したての時間帯に行くと、最初のお客さんは縁起が良いとされるので、値引きもしてくれます。また同じお店でまとめて購入すると安くしてくれる可能性も高いでしょう。とはいえ、どうしても安くしてもらう!と気合を入れるのではなく、現地の人とコミュニケーションをとるのを楽しんでください。

クレジットカードは使えないので、20ドル、50ドル、100ドル札の現金を持って行きましょう。天后の南側の通りには大きな鳥居があり、中国や香港の国旗も飾ってあって、まるで映画セットのよう。エネルギーが溢れているこの通りは、歩いているだけで刺激がいっぱい受けられます。

恋愛運、金運、仕事運…占いも人気!

ショッピングがひと段落ついたら、香港の占いストリートで恋愛運、金運、仕事運など占ってもらってはいかが?
種類によって値段が違う

地元の人もよく行く占い

佐敦から北へ進むと鳥居のところで南側のマーケットはいったん中断します。甘繍街(Kansu Street)のこのエリアには手相、人相、風水、文鳥占いなどの露店が並んでいて、地元の人たちもよく利用します。

多くの占い師さんは広東語オンリーなので、できれば広東語ができる人と行く方がベター。観光客が集まっているところは英語ができるところもあります。値段は占い師や占いの内容によって違うので、始める前にきちんと値段を確認すると後でトラブルにならないでしょう。目安としては150香港ドル前後から。露店と同様に一応18時ごろから開店しますが、占い師さんの気分次第。


何を食べる?おすすめB級グルメ

この辺りからローカル色が濃くなり、北へ行けば行くほど、どんどんディープな世界へとなっていきます。テンプルストリートの南側は観光客向け、北側は地元の人向けといった雰囲気。道端にあるテーブルで露店で購入した海鮮料理や鍋で炊いた保仔飯(ポ宇ジャイファン)などのB級グルメも楽しめます。
たれがおいしい

タコと鶏肉、鴨のボウジャイファン


このエリアに行ったら絶対に食べたいのは香港名物B級グルメのボウジャイファン。ご飯に具材をのせて炊き上げるので具材の味がしみこみ、ご飯がちょうどいい加減におこげができる病みつきになるお味。ヒンキーレストランのボウジャイファンは地元の人も集まる人気店で、行列ができる店。5店舗あるので、空いている店に案内してくれます。メニューには中国語、英語、日本語で表記されているうえに写真つきなので、指さしで注文をしてもオッケー。オーダーが入ってから作るので待つこと約20分。混んでいる時間帯は相席になります。

<DATA>
■テンプルストリートナイトマーケット
アクセス:MTR油麻地C出口、もしくはMTR佐敦A出口(Googleマップ
営業時間:18:00~23:00くらい(店によって異なる)
定休日:無休

■興記保仔飯(Hing Kee Restaurant)
住所:G/F, 12,14,15,17,19 Temple Street, Yau Ma Tei, Kowloon(Googleマップ
TEL:(852)2384 3647
アクセス:MTR油麻地 C出口、徒歩2分
営業時間:18:00~1:00
定休日:無休



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。