日本の漫画『頭文字(イニシャル)D』が香港で実写映画に

『頭文字(イニシャル)D THE MOVIE』
『頭文字(イニシャル)D THE MOVIE』日本版ポスター (C) 2005 Media Asia Films (BVI) Ltd.
香港だけでなく、中華圏では話題沸騰の実写映画『頭文字D』。日本の大人気漫画が、香港で映画化され、台湾や香港、日本の若手スターがたくさん出演。映画公開前の様子を紹介します。


雑誌
若者向けの雑誌は、『頭文字D』出演者が表紙のものばかり!@Tamaさん
香港、中国では、6月23日からの公開。現在、香港のテレビや雑誌では、『頭文字D』関連の宣伝や記事をたくさん見かけます。日本での公開は、2005年9月。待ち遠しいですね。


香港でも人気の『頭文字(イニシャル)D』

新世紀廣場
旺角の新世紀廣場でのイベント(すでに終了)。車の展示だけで、たくさんの人が集まるほど『頭文字D』は人気。@Tamaさん
原作『頭文字〈イニシャル〉D』(著:しげの秀一、講談社刊)は、車好きでなくともタイトルぐらいは聞いたことのある有名な漫画ですね。香港を含む中華圏でもかなり人気があり、「藤原とうふ店」のステッカーが貼られた車を見かけたという話は、よく聞きます。


主役は台湾の周杰倫(ジェイ・チョウ)、脇役は香港明星たち

頭文字D・周杰倫
拓海役の台湾人アーティスト周杰倫(ジェイ・チョウ) (C) 2005 Media Asia Films (BVI) Ltd.
『頭文字D』の主役は、中華圏で大人気のアーティスト周杰倫(ジェイ・チョウ)。映画はこれが初めてとなります。主題歌『飄移』と挿入歌『一路向北』は、もちろん彼の曲でかっこいいですよ!香港では大人気、でも日本ではまだまだ知名度の低い周杰倫、これを機に日本でも人気がでるといいですね。


香港の人気若手俳優、余文樂(ショーン・ユー)陳冠希(エディソン・チャン)にも注目。ふたりとも『無間道(インファナル・アフェア)』で大活躍でしたね。今回もどんな演技を見せてくれるのか、楽しみです。

忘れてはいけないのは、日本人女優鈴木杏。周杰倫の相手役のヒロインとして出演してます。鈴木杏さんは、この映画出演で、「アジアの鈴木杏」になる可能性大ですね。

『頭文字D』の監督は、劉偉強(アンドリュー・ラウ)と麥兆輝(アラン・マック)の『無間道(インファナル・アフェア)』コンビ。彼らが作ったものなら、スゴイに違いないと期待してしまいます。

『頭文字D』の予習はこちらでどうぞ!

運転免許を持ってない私、正直言って車のことは全然わかりません。また漫画もちゃんと読んでないのでストーリーについていけるかも不安。私と同じような方もいるかと思い、頭文字D関連のサイトを集めてみました。みなさんも映画を見る前の基礎知識として、活用してくださいね!

●原作のストーリー  all around 頭文字D「ストーリー」
●原作の登場人物と車種  all around 頭文字D「登場人物&車種」
●TOYOTA AE86(ハチロク)  All About カーナビ・チューニング「TOYOTA AE86(カローラLEVIN)」
●ドリフト  GT2000 Spirits「セッティングの基礎知識 ドリフト走行について」
 ※ドリフトは、映画では中国語で「飄移」という表現になってます。

●映画基本データ  周杰倫日本演唱會誘致計画 ざっと整理「映画『頭文字D』基本データ」
●日本での製作発表および出演者(写真付き)  All About 映画 「『頭文字D』製作発表会見」  
●映画オフィシャルサイト(英語・繁体字/簡体字中国語)  InitialD/頭文字D
●映画オフィシャルサイト(日本語)  『頭文字(イニシャル)D THE MOVIE』



【関連リンク】
  • all around 頭文字D
  • 周杰倫日本演唱會誘致計画
  • All About 台湾「周杰倫、来日会見&ミニ・ライブ」
  • All About 映画「『頭文字D』製作発表会見」
  • All About 香港「香港映画事情」
  • All About 香港「香港芸能情報」
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。