ゆっくり中国茶を楽しみたい!と思っていても、これまでの香港ではなかなか難しいものがありました。でも去年末ぐらいから、少しづつですが中国茶を楽しめる喫茶店ともいうべき茶芸館が増えてきました。旺角、尖沙咀、中環の駅からそう遠くなく、雰囲気のいい3軒を今回はご紹介します。


旺角の茶芸館-「好雪片片」
お花屋さんの多い地域にある「好雪片片」。こちらは台湾に以前住んでいた香港男性デザイナーのお店です。グランドオープンはまだしてないとのことですが、香港の食関係の雑誌などでも紹介されてます。お店は2階にあるのですが、窓からの景色が香港の中心地にしては珍しく、街路樹や花屋さんを望めるので、まるで台北の裏道の茶芸館に迷い込んだ気分になれます。

中国茶はいろいろ揃ってますが、なによりもすごいのは注文すると1両(=37.5g)も茶葉をいただけること。ここに長時間いてもいいのかなという量ですが、残った茶葉は持ち帰りできます。台湾茶から中国茶までいろいろ揃っていて、たとえば東方美人50HK$や肉桂80HK$など。茶菓子も簡単なお饅頭のようなものなどがメニューにはありませんがおいてあります。


運良くオーナーがいたら、いろいろお茶を飲ませてもらえるかも。私は単ソウを何種類かいただくことができました!広東語・北京語・英語を操るオーナーはとってもお話好きのようで、話始めたら止まりませんでした・・・。


「好雪片片」
住所     旺角洗衣街223号1楼 
電話     23922281
営業時間  2:00pm-11:00pm   
定休日    水曜
※ビルの入り口で、一番左側の一番下の呼び鈴を押してください。



⇒次は尖沙咀の茶芸館です。